図書館などを利用して家で過ごす時間を減らして光熱費を節約

pixta_21596465_S

チリッテさん

私は現在56歳です。
子供が小学校に上がるころに勤めていた会社を退職し、主婦となりました。
主婦歴は約25年です。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

現在、私は主人と息子との3人暮らしですが、主人が昨年で定年退職し、収入は息子の収入のみに頼ることとなっている状態だからです。

かねてより、詳細を設計した貯金の計画も立てていなかったため、主人の退職金が貯金全額となり、それ以外に残っていたお金はありませんでした。
主人はパートタイムの仕事に出ていますが、それと息子の収入の一部を生活費に充てても、毎月の家計簿は若干のマイナス収支となり、貯金を少しずつ切り崩さなければいけませんでした。

周りとの付き合いの関係や、息子の今後のことなどを考えると、最低でもプラス収支にしておかなければならないと考え、生活の中で詰めていけるものを詰めようと考え、今回の節約を実践しています。

・どんな節約をしていますか?

私の行っている節約は光熱費(電気、ガス、水道代)の節約です。

光熱費の節約方法は実に単純かつ簡単です。
要するに家で過ごす時間を少なくして、余計な電気や水を使わないように生活することです。

父も息子も休日以外は家にいる時間がほとんどないので、光熱費を押し上げている主な原因は私が家にいることによって、電気代や水道代などのお金が無駄にかかってしまうことにあります。

そこで、私は家に1日中いるような生活スタイルを変え、日中の大半を家から自転車で10分ほどの図書館で過ごすことにしました。
朝起きてから食事と洗濯、買い物を済ませ、早めの昼食を済ませると、図書館に向かいます。
私の地域の図書館では図書館内にフリーのWiーFiが飛んでいるので、こちらを利用するために、ノートパソコンを持って行きます。

私は元来、本を読むのが好きなので、読書をしたり、パソコンを開いて調べ物をしたりと、本来、家ですることを図書館ですることにより、図書館にいる間の電気代や水道代が浮くという考えです。

ここまで聞く限り、そこまでして、節約をするかという感想を持たれるかもしれませんが、実はこれが絶大な光熱費の節約につながります。

・節約効果はありましたか?

1日当たりに換算すると、あまり大きな金額には思えませんが、これらを毎日続けただけで水道代は以前の3分の2、電気代は以前の約半額になりました。

・これから始めようとしている方へアドバイス

人は家にいることによって、電気を使用したり、水を使用したりしています。

外に出るのが面倒だったり、図書館の中では家を比較してできることがある程度制限されるという面もありますが、確実に効果のある良い方法だと思うので、ぜひ試してみてください。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ