私が毎日心がけている日常生活での4つの節約方法をご紹介

pixta_17090084_S

けいこさん
38歳、主婦歴9年

・どんな節約をしていますか?

1.買い物に行かない

私は買い物が好きなので、買い物に行ってしまうと、つい買ってしまうということが多々あります。
例えば、子供のお弁当用のサンドイッチパンのみが必要で買い物に行ったはずなのに、帰ってきたら、何故かお菓子や惣菜まで手にしている・・・など。

なので、買い物は一週間に2度と決めています。
野菜や果物は八百屋で安く仕入れ、肉や乳製品はスーパーのほうが安いのでそちらで買います。

1回目の買い物で、週の必要な食料品などをほぼ買います。
週の後半になってくると、やはり足りないものが出てくるので、買い足しを行います。
その時、お腹の中に何か入れてから買い物に行くと、さらに良し。
お腹が減っていると目移りしてアレもコレもと欲しくなってしまうので・・・。

2.1週間の献立を決める

スーパーのチラシなどは1週間毎にアップデートされることが多く、その週によって何が安いかが変わります。
特にお肉類はやはり値が張るので、今週の特価品!と言うものは家の近くにあるスーパーで比べて安いところに買いに行きます。

また、献立を決めるときも、「○○肉で食べたいものはなんですか?」と家族に聞いてから、献立を考えると、安く皆が好きなものが食べられることが多いです。

3.食器の洗い方

水不足のイギリスやオーストラリアなどでよく使われる方法ですが、シンクの中に水を貯めて食器を洗います。

まず、シンクに蓋をし、食器洗い洗剤を少し入れ、熱湯を流し入れます。
泡がブクブクしているところに、油っ気の少ないコップや皿やカトラリーから順番にいれて、ゴム手袋をして、その泡で食器を洗います。
食器は泡がついたまま食器ラックへ。
自然乾燥します。
食器に泡がついたままなんて考えられない!と日本人は思うかもしれませんが、水不足が深刻な地域では、少しでも水を節約するためにこの方法が用いられています。

もちろん、オーガニック洗剤も売っているので、家ではそれを使っています。
食器の量にもよりますが、家族4人分の食器は、この方法のほうが水を節約できるかな、と思います。

4.太陽とともに過ごす

単純ですが、太陽が登ったら起き、太陽が沈んだ後はなるべく早く寝ます。
これにより、だいぶ電気代が節約できます。

うちはガスは一切使っていないので、お湯をわかすのも料理をするのも全て電気です。
このため、冬場は時に電気量が高くなることがあります。
少しでも電量の消費を抑えるために、太陽の光を有効活用です。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ