気密性の低い古い一戸建ての光熱費を節約するためにやったこと

pixta_27419496_S

ムズさん
60歳、主婦歴30年

・どんな節約をしていますか?

古い一戸建てのため光熱費がかかります。
今まではずっと賃貸のマンション暮らしでした。
光熱費はあまりかからないし、そんなに変動することはなかったです。
だから、光熱費の節約って一体何を目指しているのかよく分からなかったです。

ところが、古い一戸建て、つまり、気密性のない、断熱材があまりはいってない家に住むと、光熱費の高いこと!!
特に冬場の電気代がすごいことになりました。
まだ、夏はましな方です。

そこで毎日メーターを記録して何が電気を食っているか把握することにしました。
そういったスマホのアプリがあります。
毎日、同じくらいの時刻に電気のメーターをスマホに記録していきます。
前日との差が、その日の使用量です。

電気代はこまかく設定されていますが、だいたい前月の料金をKW数で割ると、1KWあたりの電気代が出ます。
それが30円であったとします。
その日の使用量が10KWがであれば、300円がその日の電気代です。
(オール電化など特殊なケースは除きます)
電気代は「一か月でトータルでいくら」、いうところから、「一日いくら」、という細かい範囲で把握できます。

次は多い日は何を使ったかを考えます。
この日はこれを使ったなとか、では、これは時間を少なくしよう。
その結果、どうなったかとか。
試行錯誤です。

明らかに効果のあるものもありますが、減るはずがそうでもないものもあります。
なかなか電気製品に書いてある数字通りにはいかないことも分かります。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

ある時、11月の電気代が5000円くらいなのに次の月が15000円、その次の月が25000円くらいになりました。
あまりにひどいので、最初は間違い、漏電かと思いました。

でもそうでもないらしい。
それなら原因を知りたかった。
いや、このままではいけないと思いました。

・節約効果はありましたか?

原因が分かりました。
デロンギのオイルヒオーターです。
気密性のないところ一晩これを使うと馬鹿みたいに電気を食う。
10KW以上は使っていたと思います。

当たり前です。
1.5KWを10時間くらいつけっぱなしですから。
気密性がないので(またいうか)、サーモスタットもあまりききません。
ほぼフルで通電して、しかも特に寒いときはあまり暖かくない!
ただ電気を食っているだけです。

それで反省して、エアコンを使うことにしました。
全然違います、電気代が。

デロンギのオイルヒーターは確かに、風もなく、空気がきれいで、ほんわかと暖かい。
しかし、住居環境を選びます。

ほかにも、電気ヒーターは意外と電気を食います。
湯を沸かすタイプの加湿器も食います。

だんだん使用のW数などを見て想像がつくようになりました。
電気を量で把握することができるようになります。
そしたら、円にも換算できますね。

・メリットとデメリットを教えてください

慣れるとだいたい傾向がわかるので、しなくてもよくなります。
家計簿と一緒です。
家電気消費簿です。
なんとなく精神論で節約するのではなく、量として把握する。
それができればコントロールできるようになります。

以前3万円までいっていた家の冬の電気代は今は13000円くらいです。
快適さとお金を考えると、このくらいは仕方ないと思います。

・これから始めようとしている人へアドバイスをお願いします

これは気密性のある家、マンションに住む人には関係ない話です。
まずは光熱費のあまりかからない家に住むことです。

古い一戸建ては古民家とか言われても、光熱費がかかることをお忘れなく!

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ