大家族なので浴槽の水を洗濯やトイレなどで再利用して節約

pixta_27727039_S

みやさん
18歳、主婦歴2年

・どんな節約をしていますか?

私がお教えしたいと思う節約術とは、水の節約術です。
具体的に浴槽の水を使って洗い物をする事です。
その他に浴槽の水でトイレを流したりもしています。

少しでも節約したいという気持ちから、面倒な作業でもやろうと思いました。
さすがに食器を洗うことはありませんが、時には車の洗浄に使ったりもします。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

きっかけは、洗濯物の量が多いことです。
私を含め家族が7人いる為、毎日洗濯に追われています。

そして7人も家族がいれば浴槽のお湯も使い回しなどできなくなってしまいます。
その為、前日のお湯は次の日の洗濯物のお水として使っています。

もちろん入浴剤を入れているときも使っています。
最後のすすぎのみ新しいお水を使い、それ以外はすべて浴槽の水で洗っています。
(今では、浴槽と洗濯機をつなげる専用のホースが売っているため、洗濯機のほうの操作のみで浴槽の水を使うことができます)

他には、トイレと浴室が近い場所に位置するため、バケツでお水をくんで流したりして節約しています。

・節約効果はありましたか?

効果は、所詮お水ですのでまあまあという感じですが、少しでも節約したいと考えている人にはオススメです。

一回やっただけでは意味がありません。
毎日コツコツと続けることが大事です。

1ヶ月、3ヶ月、半年もすればかなりの金額になると思います。
また1年、2年と続けることで少しでもお金を貯めることができると思います。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットとしては、まずお水の使いまわしによる節約、その分体も動かしますので健康的に良いかと思います。

デメリットとしては、浴槽と洗濯機の距離がある場合、ホースの長さが足りないなどの理由により毎度バケツでお水をくんで洗濯機に流し込むという地道な作業になります。
でも結局体を動かす作業となるので、健康的には非常に良いです。

しかし水といってもバケツ一杯では、かなりの重さになります。
その為、足腰などの負傷を伴う場合が御座います。
その辺りは、ご自身の判断でその日の節約をどうするか決めてから作業することをオススメします。

・これから始めようとしている方へアドバイス

とても地味な作業になります。
ですが続けることで節約に繋がります。

第一に体のことを考えて、節約するようにしましょう。
体調が悪くなってからでは節約の意味がなくなります。

節約も大切ですが、ご自身のお体が何よりも大切です。
家族みんなが節約しようという意識のもとで節約に取り組むと尚、結果が見えてくると思います。
家族の人たちと協力して節約しましょう。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ