常に節約を意識した生活をして住宅ローンを6年で返済しました!

pixta_13251517_S

なかもとさん
41才、主婦歴7年

・どんな節約をしていますか?

食材を無駄なく使う。
多少高価でも長く使えるものを買う。(家具、雑貨、服など)
水道、電気の無駄遣いに気をつける。(特に電気)
赤ちゃん、子供服はお下がりをもらったり、着回しのきくものを選ぶ。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

家を買おうと思ったのと、子供の教育費捻出のためと老後への貯蓄のためです。

・節約効果はありましたか?

住宅ローンが6年程で返済出来ました。
それと、貯蓄も多少増えました。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、貯蓄額はとりあえず少しづつでも増えることです。
無駄遣いが防げる、ゴミも減るというメリットもあります。

デメリットは、計画的にお金を使おうとするので、突発的な出費がある時に多少罪悪感を感じるときがあることです。
家族との意見の違いがある時は妥協も必要になります。

・これから始めようとしている方へアドバイス

目標や目的を持って節約するとうまくいきやすいと思います。
予定外の出費は仕方ないこともありますが、それ以外の時にお金を置いておけるように貯蓄しておくといいと思います。

ただただ安いというだけでものを買いすぎてしまうと、無駄になったり、食品なら腐ってしまったりするだけなので、お金の節約というよりは無駄遣いをしないことがお金以外の節約につながると考えるといいと思います。
例えば、献立を考える時いかに冷蔵庫の中にあるものだけで料理を作るかなどを考える、買いすぎて少し残ったものを有効に使う、まとめ買いをして小分けにして使うなどして工夫してみるといいと思います。

あと、洋服などは大人のものなら(特に冬物の上着)は長く使えるものを妥協せずに選ぶのが良いと思います。
流行を追いすぎると、シーズンごとに着る服を一掃しなくてはいけなくなるので節約できなくなると思います。

安物買いの銭失いという言葉もあるように、あまり長持ちしないものをたくさん買うよりは、気に入って長く使えるものを買うのがいい買い物だと思います。
ただただケチるのでは節約とはいえないと思いますし、ストレスがたまる気がします。

他に、電気のつけっぱなしに気をつける方法は家族の協力も必要なので、夜は早く寝る、スイッチは忘れずに切る、冷暖房は設定温度に気をつけるなど協力してもらう事も大事だと思います。
あと節約意識が強すぎて、他の家族が協力してくれなくなると失敗すると思うので、たまには家族サービスもすると長く続けていけると思います。

子供服(赤ちゃんの時期特に)は着られる時期が限られているので、お下がりをもらえる知り合いや親戚がいるのであればもらっておくのもいいと思います。
たくさん必要になるので、全部新品を買っているとかなりの金額になると思いますが、不要になった服を好意で頂くのであればリサイクルにつながる良い事だと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ