家庭菜園でネギやトマトなどの野菜を収穫して食費を節約

pixta_7599824_S

ナターナさん
27歳です。

結婚をしてから3年経ち、正社員で兼業主婦をしていました。
1年前一人目妊娠を期にそれまで勤めていた会社を退職しました。
専業主婦歴は1年で、合計主婦歴は4年です。

・どんな節約をしていますか?

ズバリ、家庭菜園です。
具体的にはネギ、カイワレ、しそ、ミント、ハーブ、ミニトマト、じゃがいもを育てています。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

まずきっかけは、家を新築したことにありました。
ちょうど妊娠が発覚したころ一戸建てを新築で建てたのですが、私の実家が農家だったこともあり小さな畑がほしいなあと思っていました。

裏庭に私専用の畑をつくってもらい、正社員のころは何も植えずしばらくそのままにしていました。
妊娠5ヶ月になるころに退職し、家庭菜園をはじめることになりました。

専業主婦で家にいると水やりもかかさずやることもできるし、草取りもできます。
妊婦は土のなかにひそんでいるトキソプラズマにかかるなどの恐れがあるといけないので、ゴム手袋の上に軍手で作業し、重いものはもたないようにしました。

・節約効果はありましたか?

実家が農家という特権もあり、スコップ、シャベル、土などは実家からもらいました。
最初に始めたネギ、シソの苗も実家に生えていたものをそのままもらってきたため初期投資は0円でした。
ネギ、シソはすぐに大きくなり、取り切れないほど成長したためお隣さんにもおすそ分けしたほどでした。

薬味類は主人の大好物でもあるため毎日欠かすことができないものなのですが、ネギは100円~150円ほど、シソは50円ほどしそれが無料になるのでとても助かりました。
しかもシソは、買ったものだとすぐに傷んでしまうのですが、生えているのでいつでも新鮮なものをとることができました。

ジャガイモは買ったジャガイモをそのまま半分に切り、植えただけなので簡単でした。
ジャガイモは時間はかかりますが、20個ほど収穫できたので大きかったです。

現在スーパーの野菜の値段はどんどんと上がっているし、野菜を買わなくていいことはとても大きかったです。
ミニトマトは子供の離乳食にも活用しています。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットはやはり野菜がただで手に入ることです。
野菜の価格が高騰している現在ではとても大きい成果だと思います。
たくさん収穫できるので、食事にたくさん野菜を取り入れることができ健康的だと思います。

デメリットは、私の場合実家の援助があり0でしたが、初期投資にお金がかかることです。
畑の土、畝をつくるためのシャベル、スコップ、手袋など必要になってくるので逆にお金がかかってしまうリスクもあります。

あとは、野菜が大きく多くなりすぎるため収穫しても食べきれず、困ってしまうこともありました。
私の場合は実家やお隣さんにおすそ分けをしました。

・これから始めようとしている人へアドバイス

家庭菜園は面倒だと思ってしまう方へ、ネギやシソ、カイワレなら放っておいても成長してくれます。
まずはこれらの野菜から初めてはいかがでしょうか。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ