毎日同じスーパーで必要なものだけを購入して食費を節約

pixta_20353730_S

ロコ姫さん
36歳、主婦歴10年

・どんな節約をしていますか?

食料品の買いだめをせず、いるものだけを毎日買い物するようにしています。

給料日の月末までには家にあるストックを使い切ります。
毎日必要なものだけ買い物するのもほぼメイン(肉・魚・野菜)。
調味料や乾物は月初にまとめて予算内に購入。

特売品は買いません。(ただし本日の料理に使いきれるるものは購入してもよい)
買い物ルールをしっかりと持ちスーパーに行くようにしています。

スーパーの選択も特売を求めず。
チラシも見ません。

1つのスーパーに決めていつも同じスーパーに行きます。
そのほうがポイントも貯めれて、特売に惑わされることがありません。

本日のメニューのメインはスーパーに行ってから決めます。
メインは特売購入してもよいと決めているので。
前日の残り食材と合う食材と値段を考えてメニューを決めます。

子供のお菓子は極力スナック菓子は購入せず、作れるものは手作りします。
ジュースなどの嗜好品は基本購入せず飲み物はお茶。
子供も家にはジュースはないと思っています。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

食費を節約したく、自分の買い物の仕方に問題があると思ったから。
買いだめすると使いきれず腐さらせたり、パントリーに使い切れない調味料などがあり把握しにくいため。

時間とお金の効率を考えました。

お腹が空いた状態での買い物は禁止。
買い物は仕事終わりで子供のお迎えまでのの隙間時間で短時間しかない時に行くようにしています。
(スーパー滞在時間が長いと余計なものまで買い物してしまうので。)

・節約効果はありましたか?

食費を3割抑えることができました。

・メリットとデメリットを教えてください

私の節約は安い食材で節約するものではありません。
良い食材を使っておいしいものは食べたい、でも食費も抑えたいというところから買い物ルール節約を始めました。

家族誰にも節約を強要せずに始められたので、ストレスを感じることなくゲーム感覚で楽しめました。
節約といえば苦しんで取り組むイメージが強いですが、無理せず始められる節約も探せばあるのではないでしょうか。

私の場合、買い物ルールを変えるだけの節約でしたが、主婦歴10年の中で子供が出来たりライフスタイルの変化で自分に合った無理のない節約が買い物ルールの中で作れたと思います。

節約とは自分の生活を見直す良い機会だと思います。
買い物ルール節約を始めてから、今まで付けなかった家計簿も付けるようになりました。

新鮮な食材をおいしく食べ、食費も抑えられ、家族にも迷惑をかけず楽しんでます。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これから節約される方も、自分の生活の一番無駄な行動や支出の多い項目を見直してみれば自分に合った節約が楽しんで見つけられるかもしれません。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ