キッチンガーデニングで食費を節約

438bc750972c38253276ce5caaa45d8f_s

くくのんさん
主婦歴8年の32歳、二児の母です。

キッチンガーデニングで食費を節約する方法を紹介します。

私は5年前、妊娠を機に退職しました。
今もまだ2人目の子供が小さい為、外に働きに出る事ができません。
私が仕事を辞めた分収入が減っているのに対し、子供の保育料や学資保険、食費など出費は増えていて、なんとか少しでも節約をしないといけないと思いました。

そしてはじめたのがキッチンガーデニングです。
再生野菜を作り食費を節約しています。

・具体的な節約方法を教えてください

私が1番はじめにやったのが、豆苗です。
豆苗は再生野菜を作って食べている人は多い野菜だと思います。
やり方はとても簡単で、使う茎と葉をカットして、残った根を水につけておくと1週間くらいで売っている物と同じくらいの豆苗が育ちます。
カットする時に脇芽を残しておく方が早く収穫できます。
上手くいけば2回収穫可能です。

誰でも簡単にできるのがネギや三つ葉です。
ネギは買う時に根っこがついている物を購入します。
三つ葉は根っこが基本的に根っこがついている状態で販売されていると思います。
私は根っこ+5センチくらいを水につけています。
失敗することなく栽培できます。
薬味やお味噌汁に少量使う事が多いので、ネギや三つ葉のキッチンガーデニングはおすすめです。

他にも人参や大根も再生野菜が作れます。
人参や大根は根っこの部分を食べていますが、キッチンガーデニングで育てるのは葉の部分です。
食べる部分をカットした後に残ったヘタの部分を水につけておくだけです。
ギリギリにカットするよりも、2.3センチ残しておいた方が育ちます。
人参葉や大根葉は普段から食べている人は少ないかもしれませんが、すごく栄養が豊富なようです。
お味噌汁の具にしたり、胡麻和えにしたりとあると便利です。

他にもキッチンガーデニングできる野菜はたくさんあります。
小松菜やカイワレ大根などもできます。
どの野菜をするにしても、水は毎日かえる事が大切です。

・メリットとデメリットを教えてください

キッチンガーデニングの唯一のデメリットは水をかえないと水が腐って異臭がする事かなと思います。
少し面倒くさいかもしれませんが、お水は毎日かえてあげないといけません。

キッチンガーデニングをするとほんの少しですが食費の節約になります。
キッチンがあまり広くないので1度にたくさんの野菜ができないのが残念ですが、広いキッチンをお持ちの方にはおすすめな節約です。

野菜の値段が高くなってきているので、再生野菜を作るのは賢い節約だと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ