ガス代を節約するための上手な家族でのお風呂の入り方

pixta_16143964_S

たつとさん
29歳、主婦歴5年

・どんな節約をしていますか?

わたしの行っている節約方法は、ガス代の節約です。

主に入浴に使用しているのですが、そういったときに使う時間だけ電源をつけています。
こまめに電源をきっておくことで普段使わない分の料金をカットすることができます。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

わたしは引っ越しをしたてでまだ資金的に余裕のある生活がおくれているということもないので、節約を行おうと考えました。
以前住んでいた自宅では特に気にすることもなかったのですが、節約を行ったことで生活の無駄な部分を省くことができていると感じることがあります。

・節約効果はありましたか?

以前の自宅では家庭の都合もあってそれほど節約について考えて実行することが少なかったのですが、その時の出費が家族四人分で電気代だけで2万円ほどかかることがありました。
その後、家族である父と折り合いがつかなくなって、現在では母と弟の三人暮らしをしております。
父は働いていたこともあって使い放題使う人間でしたので、そういった話の合わなさで折り合いがつかなくなって別居しています。

以前住んでいた実家ではガス料金についての節約を行ったことで毎月100円ほど安くなりました。
細かいように感じますが、こういった努力が節約につながるのだと思います。

・メリットとデメリットを教えてください

ガスの節約を行ったことでお風呂を汲んだ時にすぐ入らないと冷めてしまうことがデメリットでありました。

でもお風呂にふたを使っているおかげである程度冷めるのを抑制しているようにしています。
こうすることで家族が入浴するのに多少時間に差異が生じても、冷たいお湯になるのをある程度防いでくれるので普通のご家庭でもできる節約方法です。

なによりもこの方法でガス料金が安くなるのは魅力的でありメリットになります。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これから節約を始めようと思っている方たちはまずは、無理をせずに家族が暮らせるような節約を行っていくことが好ましいと思います。
お風呂の場合には、ガス代の節約のためになるべく家族が続けて入浴する、お湯が冷めるのを防止するためにホームセンターなどに販売されている保温シートを使用するなどさまざまな工夫によってガス料金を節約することが可能です。

また、半身浴が健康上いいと思うので、成人して子供のいない人には、半身浴がいいと思います。
子供のいる家族では難しいですが、ふたをしたり保温シートを使用する、節約のためにお風呂に続けて入浴するなどは子供のいる家庭でも実行可能だと思いますのでぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ