カットモデルとスキカルを利用してヘアサロン代を節約!

pixta_26187531_S

あるがさん
41歳、主婦歴15年になります。

・どんな節約をしていますか?

カットモデルとして無料で髪の毛を切ってもらい、スキカルを用いて自宅でカットすることで、ヘアサロン代を節約しています。

まずヘアモデルを募集しているサロンでカットをしてもらいます。
まだ美容師の卵に切ってもらうので左右のバランスがおかしいこともありますが、ベテランの美容師さんが手直しをしてくれるので安心です。

そこでは肩に髪の毛が付くくらいのボブにしてもらいます。
そして、2、3か月経つと髪の毛が伸びて後頭部のあたりが重くなってきます。
するとスキカルの出番です。
スキカルで髪の毛をすくだけで美容室帰りの軽やかさが戻って来ます。

これを3~4回繰り返すと、さすがにもう限界です。
髪の毛の長さも背中のあたりまできているので、再びヘアモデルとして無料でカットしてもらいます。
1年に一度は美容室で切ってもらわないと形が崩れてしまうので、ヘアモデルを募集していないときは昔馴染みの美容室でカットをしてもらいます。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

美容室代を節約しようと思ったきっかけは、息子のためにスキカルを購入したことでした。
たまたま私の髪の毛が伸びていたので試しに使ってみると、その使いやすさに驚きました。
しかも自然な仕上がりです。

もし私がショートだったらスキカルでカットするのはためらったと思いますが、ロングは髪を束ねてごまかすこともできるので思い切りました。

しかも、小学生の娘2人にもスキカルは有効でした。
カットするのに20分以上かかりますが、子供のヘアサロン代もばかにはなりません。
さすがに主人は外で切ってもらっています。

・節約効果はありましたか?

私のヘアサロン代が年間16000円、子供3人分が10000円かかっていたので、合計で年間26000円程度節約できたことになります。

・メリットとデメリットを教えてください

カットモデルにしろスキカルにしろ、どうしても「失敗」がつきまといます。
カットモデルでいくらベテランの美容師さんが手直ししてくれるとはいっても、カバーできる範囲を超えている場合は、しばらく変な髪型と付き合うことになってしまいます。

ですので、カットモデルの場合はショートは避けています。
ショートの場合、失敗してもそれ以上髪の毛を切ることができないのですから。

また、スキカルでカットする場合はロングヘアをすくだけなので失敗することはありません。
ただし娘たちは大胆にカットしているので、少々失敗もありますが髪の毛を束ねてごまかしています。
練習すればうまくなるのではないでしょうか。

・これから始めようとしている方へアドバイス

カットモデルはアプリで探せるものもありますし、美容室で尋ねることもできます。
また、スキカルは充電式のもの、水洗いできるもの、アタッチメントの多いものなど種類が豊富なので、ご家庭に合ったものを選ぶといいのではないでしょうか。

カットモデルもスキカルも、最初はだれでも小さな失敗があります。
もし失敗しても「美容室に行けば問題ない」、「髪の毛を束ねたらごまかせるので大丈夫」などという気軽な気持ちでやってみるといいのではないかと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ

家事や育児の隙間時間に
今どき主婦の在宅ワーク

文章を書いてお小遣いがもらえる「在宅WEBライター」の稼ぎ方について、分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です