寒い冬にエアコン暖房で効率よく部屋の中を温める節約術

pixta_12277468_S

KSさん
42歳、主婦歴19年

・どんな節約をしていますか?

冬のエアコン暖房費の節約です。
効率的に部屋を暖めることを意識しています。

灯油・エアコン・ガスと暖房器具はいろいろありますが、灯油・ガス代の高騰もありエアコン暖房がコスト的には一番安くなります。
しかし、エアコン暖房は立ち上がりが遅く、なかなか暖かくなりません。

そこで、まず石油ファンヒーター・ガスファンヒーターで部屋を急速に暖め、その後エアコン暖房に切り替えます。
エアコンは最初の暖め時にたくさんの電気代を使用しますが、意外と温まった後はそれほど電気代はかかりません。
1-2時間の外出くらいなら、エアコン暖房をつけたままにしたほうが電気代が安くなります。

暖房全般に共通していることですが、暖房の場合どうしても暖気が上に上がってしまい、部屋の下あたりはとても寒くなってしまいます。
そこでサーキュレーターがとても役に立ちます。

エアコンの場合はエアコンの真下にサーキュレーターを置くほうが効率よく部屋の空気をかき混ぜる事ができるようです。
下に溜まる冷気をエアコンに戻すような感じでしょうか。
サーキュレーターはガスや灯油の暖房にもかなり有効だと思います。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

石油・灯油が以前より高く・灯油は特に買いに行く・補充する手間がかかるため、エアコン暖房に切り替えたが、設定温度を高くしても足元は冷えたまま。
お掃除時に脚立に登ったところ、天井付近はすごく暖かかったため、サーキュレーターの使用を思いつきました。

サーキュレーターで部屋は過ごしやすくなったものの、朝エアコンだけではなかなか暖かくならないため、エアコンの立ち上げ時だけ石油ファンヒーターを使用。
その結果、立ち上げ時の電気代も安く済んでいるようです。

・節約効果はありましたか?

体感的にはかなり違うと感じます。
去年の暖房費(灯油代・ガス代)と比べると1か月でだいたい3000は安くなりました。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは何といっても暖房費が安くなったこと。

デメリットはサーキュレーターの音がうるさいこと、石油ファンヒーターやガスファンヒーターにくらべ、部屋の温まりがすごく遅いこと。
また、サーキュレーターを使用していてもやはり足元は石油ファンヒーターやガスファンヒーターのように下からの温風の吹き出しではないため寒いと感じることはある。
直接的な暖かさがないためかもしれませんが。

しかし、エアコンのみの暖房よりはるかにサーキュレーターを使用したほうが暖かいですし、電気代も安くつきます。

・これから始めようとしている人へアドバイス

1番効率よく部屋の空気を拡散できるのが、エアコンの真下にサーキュレーターを置くことです。
エアコンのデメリットの立ち上げ時の寒さは、石油ファンヒーターかガスファンヒーターの併用で解決できますし、エアコンの立ち上げ時にかかる電気代も安く抑えられます。

エアコンは立ち上げ時に一番電気代がかかりますので(設定温度になるまでフルパワーで動くので)少しの外出ならエアコン暖房はつけっぱなしがいいと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ