スーパーの特売日や値引き品で食材を購入して食費を節約!

スーパーマーケットイメージ

PJさん
35歳の主婦です。
21歳の時に結婚したので、主婦歴は14年になります。

・どんな節約をしていますか?

私の節約方法はズバリ食費を削ることです。

一週間の食費を一万円以内に収めるために、財布の中に余分なお金は一切入れず、買い物も特売日(火曜市)を狙って行くようにします。
基本的に買い物は週一から二回にし、余計な食材を買わない為にも、一週間分の献立をまとめて週のはじめに考えます。
余裕があれば、買い物へ行く前にチラシを見て、特売品で作れる献立にするのも良いと思います。

また特売品も魅力的ではありますが、もう一つの狙い目は、値引き品の購入です。
毎日行くスーパーが決まっていると、大体夕方何時頃から値引きをするのかが分かるようになってきます。
お肉やお魚は値引き品を沢山買ってまとめて冷凍しておくととても便利です。
閉店間近になると、価格は半額以下になることが多いので、その時間に買い物をすると本当にお得です。
我が家は、お肉とお魚はこの方法でいつも購入しています。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

節約をしようと思ったきっかけは、長女と次女の教育費を貯める為です。
長女は中学生、次女は小学生なので、義務教育の今のうちになるべく貯金を増やしたいと思いました。
男の子だったら食費の節約は考えなかったかもしれませんが、女の子はそんなに量を食べないので、食費もだいぶおさえる事ができて助かっています。

・節約効果はありましたか?

結婚してからずっとパソコンの家計簿をつけているのですが、子供が小さく、何かと大変だった時はお惣菜やお弁当に頼る事も多く、食費について考えてもいなかったので、毎月の食費は平均して6万円弱かかっていました。
今考えると、子供達が大きくなった今の方が食べる量も増えたはずなのに、小さい頃の方が今より食費がかかっていた事が恥ずかしくて情けないです。

今は節約の効果もあって、食費は毎月平均して4万円ぐらいになりました。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、節約を意識する為に料理のレシピを検索する事が多くなったので、作れる料理のレパートリーがだいぶ増えました。
これには、主人も子供達も大喜びです。

デメリットは特に感じていませんが、あえて言うなら、あらゆる食材の底値を知りすぎてしまい、定価でものを買う事が出来なくなってしまった事でしょうか。

・これから始めようとしている方へアドバイス

節約は苦しくなると続かないので、あまり無理をせず、なるべく楽しみながら続ける事が大切だと思います。
目標があると続ける力になるので、明確な目標を立て、家族全員に協力してもらいながら節約すると良いと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ