肉とか野菜を安く買ってから献立を決めて食費を節約

pixta_13044592_S

ニンプさん
年齢32歳、主婦歴2年目

・どんな節約をしていますか?

うちの場合(旦那と私を赤ちゃんの3人家族)は、食費(友人との会食や外食含む)を削る事にしました。
友人とは遊びたいし来客のときの食事やお菓子などは節約は嫌なので、夫婦で食べる普段の食事分は安く済むように工夫しています。

まず肉は100gが105円が上限です。
それ以上する肉は滅多に買いません。

野菜に関しては地域で一番安い八百屋に行きます。
基本野菜は80円~120円のものしか買いません。
お肉と一緒です。

料理は作る物を決めていくと無駄な出費や高額な買い出しになりがちなので、絶対に作る物を基準にした買い物はしません。
その日の特価や安い物を買って自分で帰ってから作る物を決めてます。

あとは電気など、付けっぱなしはしない様にしています。
日々のちょっとした積み重ねが大事だと思いますので、水道も電気もガスも無駄な使い方はしない様にしています。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

節約のきっかけは、結婚してから私は妊娠して仕事を辞めたので旦那の収入で暮らしています。
人の金を好きに使う行為が嫌なのと、生活費に凄い余裕があるかというと、そうでもないので節約しようと思いました。

今、赤ちゃんが居るのでミルク代・おむつ代・雑費(赤ちゃんの身の回りのもの)だけでも月に2万はいくので、そこは守りたいところであって、赤ちゃんに良い物(成分の良い安心安全なミルクなど)は節約しません。
その分の帳尻を食費や削れる所を削っています。

・節約効果はありましたか?

今の所、食費に関しては以前の節約前より、良くて月5千円は安くなっています。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、自分の意識改革というか、節約の重要性を学べた所です。
デメリットは、たまに満足いかない食事内容だったりテンションの上がらないメニューになったりとするところです。

・これから始めようとしている方へアドバイス

私の場合は外食が多く、その日の気分や自分を満たすための食事(コンビニ弁当・カップラーメン・お菓子・菓子パン)を妊婦の頃の後半はよくしていました。

産後に節約を始めて安価な納豆など自宅でサクッと食べれるものに切り替えてから(実際、赤ちゃんが居ると外では遊んでいられないせいもある)、始めは物足りなくて嫌だなっと思ったりしました。
納豆にみそ汁、晩飯の残り等定食屋さんみたいな食事をするようになってから、まず痩せた・変な食べたい欲求が減った・健康に執着する気持ちになった、という変化がありました。

食べ物は食べたらなくなる物だし、どうせお金を使うなら残るものを買ったり節約して浮いた分を有効な使い方をしたほうが目に見えて楽しいですよ。
考え方で全てが変わります。

1番は毎日を楽しみながら節約出来るものが自分にとっては何かを模索すると良いですよ!
自分が楽しくないと何事も続けられないので、我慢は身体にも気持ちにも悪いので無理のない自分に合った節約を見つけてみてはいかがでしょうか!

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ