財布の中のお金を減らして買い物の回数を減らす節約術

pixta_24168188_S

あつごんさん
44歳、主婦歴16年

・どんな節約をしていますか?

財布の中になるべくお金を入れないようにして、買い物の機会・回数を減らす。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

財布に多額のお金を入れておくと、知らず知らずのうちに気が大きくなり、すぐに買う必要のない物まで買ってしまうので、必要最低限のお金しか入れておかないことで買い物による出費を抑えようと思いました。
また、我が家の場合、買い物の大部分は食費なので、買い物の回数を減らすことで、エンゲル係数を下げたいと思いました。

・節約効果はありましたか?

以前は、1週間で1万円財布に入れていても足りず、やむをえず週の後半にお金を下ろしたりしていましたが、最近は1万円で週末まで余るようになりました。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、食料品の買い物を減らすことによって、食材を余らせたり、腐らせたりすることが少なくなったことです。
買い物をするときも、少しでも安いスーパーに行ったり、食材が値引きされる時間を狙って購入することで、極力お金の減りを抑えられるようになりました。

また、家にある食材を使い回して作れる料理を作ろうと、レシピ検索などで工夫した結果、料理のレパートリーも増えました。

デメリットは、急にお金が必要になった時に手持ちのお金が少なくて心細い思いをすること。
また、どうしても買わなければいけないものが出てきたときに現金で支払うことができず、クレジットカードで買い物をしてしまって、翌月以降の引き落とし額が多くなり、後になってやりくりが大変になることです。

・これから始めようとしている人へアドバイス

よく言われることですが、節約ばかりだと頭の中がそれ一色になってしまい、苦しくなるので、適度に「アメ」と「鞭」を自分に対して使い分けることが必要だと思います。
どんな目的のために節約をしているのか、節約することで、いつまでにどのくらい貯金ができればいいのかなど、具体的な計画と目標を立てて、達成感を味わえるようにした方がよいと思います。

また、私も含めてですが、節約家の人は無理な貯蓄目標を自分に課して、それに縛られて苦しむ…ということになりがちなので、あまり最初から高い目標を掲げない方がよいのではないでしょうか。
目標額の貯金ができたら、1年の終わりに自分で自分に小さなプレゼントをするのもいいと思います。

私自身は、ドラッグストアで自分の好きなものを1万円分「爆買い」することを楽しみに日々節約に励んでいます。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ