長電話とネット接続を控えて携帯電話代の通信費を削減

pixta_13747206_S

バーバリさん
33歳です。
主婦歴約5年になります。

・どんな節約をしていますか?

通信費削減のため、常日頃から携帯電話代を抑えるようにしています。

具体的には極力長電話をしないこと、ネット接続をしないことですね。
メールもなるべくショートメールで事を済ませるようにし、文章がどうしても長くなるようなときはなるべくパソコンから送信するよう心掛けています。

総じて、必要な時以上は使わないということで極力不要な通信コストカットを図るよう努めています。
このスタンスなので、携帯以上にトータルコストのかかるスマホやiphoneへの切り替えはせず、事が間に合うことを踏まえた上で基本的にガラケーを使い続けるようにしています。

通信費には目標設定を決めており、最大でもひと月5千円以内に収めるようにしていて、できれば3千円以内で収めることができた場合はその月の通信コスト節約は大成功ということになります。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

きっかけは、月々何かの必要があって通話が1時間以上など長くなってしまったときが続くと、一度きりの長電話ならともかく毎月がその蓄積となるとかなりコストがかかってくることと、またネットの方も同様に接続して携帯での閲覧をすると同じ蓄積原理でコストがかかってくるためでした。
塵も積もれば山となるということは不要コストの方も同じなので、ネットもメールも持っているパソコンで間に合う以上は極力パソコンで事を済ませるようにしています。

・節約効果はありましたか?

通話をまったくしないことは難しいですし、ガラホであれ文字通り通信のために携帯しているツールですから、通話を控えるようにしただけで月々2千円はコストが浮きました。
現在の月々の平均携帯コスト節約は目標を概ね保っており、やむを得ず通話が比較的多かった月だったとしても5千円以内、通話を極力しなかったり短い時間だった場合の月は3千円前後に収まっています。

コストがかかっていたときを月々約6千円とすると、少なく見ても月々千円から3千円の節約×12か月として1万2千円~3万6千円前後の節約に成功効果がありました。

・メリットとデメリットを教えてください

この節約方法のメリットは、とにかく月々浮いた分のコストを別の生活費に回すことができるためその分当然家計の余裕を生み出すことができることです。

デメリットは、ちょっとしたときなどにネット閲覧がしたいなというとき、でも我慢しようと一時の忍耐が強いられることぐらいでしょうか。
あと、どうしても必要な時以外はあまり積極的には通話も控える必要があるので、誰かと話したいときは幾ばくかの精神的ストレスに耐える必要があることですね。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これから携帯代など通信費の節約を考えている人は、なるべく事が間に合う限りスマホやiphoneよりガラホをお勧めします。
スマホなどの方が何かと合理的であり総じて利便性には長けているでしょうが、パソコンを持っている場合はガラホで必要最低限を使いこなすことに慣れてしまえばそこまで不便も感じることもありません。

何より、通信費が浮いた分他のことに充てられる余裕が出ることは嬉しいことです。
不要コストはカットできるに越したことはありません。

また、一概にネット閲覧がダメ長電話がダメということでもなく、金額的な節約意識踏まえた上でいかに意味のある使い方をするかが大事なので、そう心がけて使えば自ずとコストも抑えられてくると思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ

家事や育児の隙間時間に
今どき主婦の在宅ワーク

文章を書いてお小遣いがもらえる「在宅WEBライター」の稼ぎ方について、分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です