子供用のお皿におかずを盛りつけてボリュームを出す節約

おかず

ポンタさん
28歳 主婦歴5年

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

子どもや旦那に「節約して!」と言っても全然やってくれないので、私だけで出来る節約は何かを考えました。
それが、料理です。
私しかしないと言えば「料理」。

旦那は肥満気味です。
子どもが健康に、成長してくれていることは嬉しいですが・・・。
旦那は不健康。
なので旦那、私のお皿全てを子ども用にしました。

食べる量は、仕事が忙しくなるにつれ増える一方。
肥満になるとお風呂で使用する水の量が増えるし、冷房は低い温度設定になります。
結果電気代が上がって悪循環です。
旦那が痩せれば自然と節約につながると思いました。

・どのような方法で節約していますか?

まず食べる量を我慢させるのでは無く、我慢しないような工夫をこらして量を減らすことです。

具体的な方法としては、子ども用サイズのお皿にテンコ盛り入れることです。
こうすれば視覚に満足できます。
おかずの量が貧相に見えないんですね。
実際には子どもサイズのお皿でテンコ盛りでは、大人用のお皿にすると普通盛りです。

・どのくらいの節約効果がありましたか?

旦那のダイエットにもなり、皿を洗う水の量や食べる量も減りました。
視覚的には、問題ないので「少ない」と不満を言われることもありません。

水道代も小銭程度ですが前回よりは減りました。
また、冷房設定温度が2℃上がり微々たるものですが電気代節約。
もちろん、湯船から水が溢れる事も少なくなりました。

旦那にも、「知らず知らずのうちに節約なっているんだよ」と褒めると、嬉しいのか電気などは、こまめに消してくれるようになりました。
また、旦那のダイエット効果!節約して!と頭ごなしに言わず知らずのうちに節約しているので、ストレスを感じることなく節約に協力してくれりようになった。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットと言えば、水道代や労力の節約になります。
また、食事のときも視覚的にはテンコ盛りなので満足度は高いそうです。
旦那は今まで以上によく噛んで食べるようになりました。
その為、満腹中枢を刺激しているようです。

デメリットと言えば、あまり思い浮かびません。
キリキリイライラした状態どはなく楽しく出来ているのでデメリットが思い浮かびませんでした。

・これから始めようとしている方へアドバイス

何より追い詰められながら節約するのではなく、初めは小さい事や自分が出来る範囲の事を続けれるか。
周りをうまく巻き込むことができれば1番ですが、人に期待するよりまず自分からですね。

また、出来る事なら楽しく実施できると理想です。
節約は苦しいイメージがありますが、あまり節約、節約になり過ぎてストレスになっては逆効果です。
自分を、追い詰めてしまうようなら一旦休憩するなど。
色々な方法をしり実際やってみて自分にあった方法を継続的に実施する。

楽しくできる方法を見出す事が出来るかもしれません。
無理せず気軽に取り組むのが一番だと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ