茹でる作業を電子レンジでの調理に切り替えてガス代を節約

pixta_17089018_S

はるたくさん
44歳、主婦歴16年

・どんな節約をしていますか?

調理時の「茹でる」作業を電子レンジで行うガス代の節約です。

ポテトサラダを作るなら、電子レンジ対応可能なポリ袋に(50~100枚入りなど)
適当な大きさに切ったじゃがいも、人参、玉ネギなどいっぺんに入れて、口を縛らずに電子レンジで3~4分チンします。

袋の中で熱の伝わり方にムラができるため、いったん取り出し揺するように混ぜ合わせてからもう一度2分ほどチンします。
取り出したらやけど防止に布巾などをかぶせ袋ごと潰します。
あとはボールに移し、ツナやコーン、ハムなどを加えて、塩コショウ、マヨネーズで和えれば完成です。

飾りにするブロッコリーも、小房に切ったら水で濡らしたキッチンペーパーに包み、ポリ袋に入れてチンでOK。
あとから塩をふれば、ブロッコリーの塩ゆでの出来上がりです。

具材は何でも良いですが、ポテトサラダがガスを使わずに完成しました。

また別のポリ袋には、もやし、千切りの人参・チンゲン菜・水煮メンマなどを入れレンジでチン。
そのまま袋の中に鶏がらスープの素、塩コショウ、すりおろし生姜(チューブ)、ゴマ油を入れ、袋ごと揉んでやればナムルの完成です。

別のボールには、食べやすい大きさに切ったしめじ、エリンギ、えのき、しいたけなど様々なきのこを入れ、ラップをしてチンします。
そのボールに、バター、しょうゆ、コショウを加え混ぜ合わせれば、きのこのバターしょうゆ炒め(風)の完成です。

魚や肉はどうしてもガス調理になりますが、ブリ大根などの大根をレンジでチンして火を通しておけば、煮汁に漬け込み味を染み込ませて完成ですし、
肉野菜炒めなどの野菜を軽くチンしておけば、炒めた肉に混ぜ合わせてすぐ味付けができます。

これで、本日の夕食「ブリ大根」「ポテトサラダ」「きのこのバターソテー」「ナムル」の出来上がりです。

カレーを作る時も、野菜を先にチンすれば煮込む時間が省けます。時短となり、ガス代の節約につながります。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

ある日、ガス代値上がりのお知らせがきました。
我が家では、ガス代は家賃の次に大きい支出になっています。

ガス代を減らすには、やはり調理時だと考えました。
毎日栄養のバランスを第一にと考えながら料理をしていると、3品4品と出来上がってしまっていて、3口ガスコンロはフル稼働していました。
茹でる、炒める、煮込む、の調理工程をどうにか節約できないかと考えたとき、電子レンジを利用することを思いつきました。

・節約効果はありましたか?

最初のガス代請求書を見たときは驚きました。1,000円以上節約できたのです。
ガスの種類もあると思いますが、目に見えて成果が出てとても嬉しかったです。
毎月色々な工夫を重ね、今では当初に比べ2,000円以上安くなりました。

この電子レンジ調理を始めた当初は、耐熱皿などを利用していましたが、結局洗い物が増えることに気づきポリ袋の利用を思いつきました。じゃがいもなどを潰す作業までできるのでとても便利です。
使用後のポリ袋は、生ゴミなどをまとめて捨てるのに利用しています。

ちなみに、電子レンジを使うことによって電気代はどうなる?と思いましたが、全くと言っていいほど変わりませんでした。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、茹でれば逃げてしまう栄養素も全部摂取できて、何よりポリ袋やボールひとつで味付けまでできることです。
野菜やきのこなど全部まとめてチンできるので、ひと品にたくさんの種類の具材を使うようになりました。
ひとつのポリ袋をチンしている間に次のボールに入れる野菜を切る、味付けして揉んでいる間に別のボールをチンする、といったように、
動きにもムダがなくなり、3品4品いっぺんに出来上がります。

デメリットは、ほうれん草などのえぐみがある野菜は、チンしたあといったん水にさらすというひと手間がかかることです。
しかし、お湯を沸かして茹でるまでのガス代を節約するという点ではメリットになっています。

・これから始めようとしている方へアドバイス

ガス代の節約はもちろんですが、「これも電子レンジで出来るんだ」「これとこれも入れてみよう」など、発見と思いつきが楽しくなり、お料理のレパートリーも増えますよ。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ