お風呂の残り湯をトイレや洗濯で再利用する節約術

pixta_1172829_S

イトリトさん
23歳、主婦歴1年半

・どんな節約をしていますか?

今まで一度入ったら捨ててしまっていた風呂の残り湯を、捨てずにトイレを流す水や洗濯に再利用する。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

夫婦二人暮らしを始めて少し経ち、水道光熱費が異様にかかっている事に気が付きました。
妊娠をきっかけに仕事を辞めた事もあり、料理に凝るようになった事や、頻繁に入浴する事になった事、電気代とガス代がかかってしまうのは納得でしたが、水道代が少々高くなってしまったのです。

家で過ごす事が多くなり、トイレの頻度も高くなったし、お風呂に毎日入るし洗い物もするし仕方がないと思っていた頃もありましたが。
水道代だけでも何とか節約出来ないかと考えて、まず何にどれくらいかかるのか、水道代の内訳を検索したのがきっかけでした。

調べてみると、お風呂や炊事よりも、洗濯水に匹敵する程の量がトイレに使われているとの事。
そこで、浴槽にはったお湯を捨てずに再利用するようになりました。

・節約効果はありましたか?

1ヶ月あたりの水道代が約千円程安くなりました。
これだけ見るとあまり大きな変化のようには感じられないかもしれませんが、年間で一万超の節約と考えるとかなり大きいです。

洗濯水に使うのも、すすぎでは普通の水を使用している為、臭い等も一切気になりません。

・メリットとデメリットを教えてください

メリット

捨てる筈のものを再利用しているだけなので、特に何かを気にかける事なく節約に取り組む事が出来る。
入浴したいけれど、お風呂にお湯を溜めるのは高く水道代がかかってしまうと感じても、後にトイレや洗濯水に使えると思えば何の抵抗もなく湯船にお湯をはる事が出来る。
汚れものがあり、複数回洗濯機を回したい時も残り湯を使うのならば躊躇いなく洗濯する事が出来る。

デメリット

洗濯機に残り湯を移す際、ポンプ等があれば簡単に出来るが、バケツや洗面器等で移すとなるとなかなかの労力と時間がかかる。
また、それに見合った程の大きな節約が出来ていると感じられない。
トイレや洗濯に使用するので、香りや色付きの入浴剤を使う事が出来ない。
トイレや洗濯機に水を流し入れる時にうまく入れられないと周りがびしょびしょになってしまう。
(しかしそれで軽く掃除をする事も可能ではある)

・これから始めようとしている方へアドバイス

労力と時間のかかる節約方法ではあるので、余裕のある人で少しだけでも節約したいという方にオススメの節約方法です。
かなり大変というわけではなく、軽い運動で少しでも節約出来るのだと思えば長期的に続ける事が出来ると思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ