チラシアプリで食材の値段をチェックして1週間分の献立を決める節約

pixta_18346290_S

オセロさん
25歳、主婦歴 4年

・どんな節約をしていますか?

私が主に節約をしているのは、食費です。

我が家は主人と子供が1人の3人家族で、毎月食費は1万円以内に抑えることを目安にしています。
朝昼(弁当)夜と、お菓子やジュースなどもすべて食費として扱っています。

主な方法としては、まず、1週間分の献立を大まかに決めます。
その際に、チラシアプリの「トクバイ」というアプリを重宝しています。
地域を入力すれば、近くのお店のチラシを見ることができます。
できるだけ安いところを探して、そのお買い得な材料でメインのおかずを決めて、その材料で使いまわせる副菜などを考えます。

お昼は主人のお弁当が必要なので、作り置きできる物かなども重要なポイントです。
インも冷凍保存できるものであれば、お弁当に使ったりもしています。

献立が決まれば、必要なものをメモに書き出して買い物へ。
私がメモに書くのは余計なものを買わないためです。
書かずに行くと、今必要のないものまで買ってしまいますので。

お肉も安い時にまとめて買って、小分けにして冷凍保存をしています。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

この節約をしようと思ったキッカケは、節約をしようと思い家計簿をつけ始めた際に、まいにちのようにスーパーに行くと安いものを見つけては買って無駄に買い物をしていることに気づいたからです。

冷凍物は多く買って冷凍室に物がたくさん入っているほうが電気代が節約になるのですが、野菜室や冷蔵室は物が多いと電気代が高づきます。
なので基本的には1週間分しか入っていません。

・節約効果はありましたか?

この方法をする前は、食費だけで二万円近くいっていましたので、かなり変わりました。
私自身も毎日献立を考えなくて済むようになりましたので随分余裕ができています。

やはり何事も早め早めにしておくと安心しますね。

・メリットとデメリットを教えてください

この節約方法のメリットは先ほども言いましたが、献立を毎日考えなくて良いところと、作り置きも作っているので、お弁当作りに時間を取らなくなりました。
スムーズに毎日が進むので、私の気も楽です。

デメリットは、献立を決めてしまっているので、主人の突然の飲み会などには対応が難しく、食材を無駄にしてしまうことがたまにあります。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これかは始めようと思っている方。
最初は思うように減りませんが、3ヶ月頃から自然と一万円以内におさまるようになってきます。

節約は根気強さが大切です。
少しずつ少しずつをいつも頭において、買い物の時にも、今必要?と自分にといかけてみてください。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ