一週間の献立を決めて食費がマイナス2万円浮いた節約術

Healthy Foods Wellbeing Lifestyle Nutrition Concept

さんさんさん
36歳、主婦歴10年

・どんな節約をしていますか?

食費を切り詰めるために、一週間の献立を決めるという節約をしています。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

主婦が一番頭を使って予算を決め、結果が出やすいのは食費だと思うからです。

・節約効果はありましたか?

当初よりマイナス2万円になりました。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、食材をムダなく使うことができるということです。
以前は、そのときに安い食材を購入しても、家の在庫を確認していなかったりで結局ムダにしてしまうことが多かったです。
でも今は、スマホで在庫管理をしているので、買い物に行ってから買い忘れることがなくなり、献立も予定通りに作ることができます。

具体的に言いますと、私は主に、一週間分のメインメニューだけを決めておき、副菜は在庫や食べたいものなどによって、決めることにしています。
また、どうしても肉料理が多くなってしまうので、曜日ごとにおおまかなジャンルを決めています。

  • 月曜日→週の初めは元気をつけよう、肉料理
  • 火曜日→魚が安いので、魚料理
  • 水曜日→中間休みということで、麺類
  • 木曜日→習い事があるので、煮込み料理orワンプレート
  • 金曜日→ゆっくり時間があるので、新メニューに挑戦
  • 土曜日→夫に魚を食べさせたいので、魚料理
  • 日曜日→家族全員でゆっくり食べられるので、揚げ物

 

ジャンルを決めてしまえば、それに従って決めるだけなので、それほどたいした作業ではありません。
肉、魚の日は、近所のよく利用するスーパーの安売りにあわせて決めると、より節約できると思います。

副菜は、毎日作るのが面倒なので、少し前からはやりの作りおきを始めました。
毎日少しの時間で作れるけれど、積み重なればけっこうな時間です。
時間のあるときにまとめてバーっと作っておけば、気持ちに余裕もうまれ、子どもたちとの時間も増えます。

料理は毎日作りたてを食べる!という変な固定概念がありましたが、作りおきを始めてから、どこかへ飛んで行きました。
お金も時間も、節約できるという点から見て、作りおきは有効かと思います。

デメリットは特にありません。

・これから始めようとしている方へアドバイス

以前、目標もなく料理をしていたときは、毎日肉、家族の好きなもので栄養の偏りがあったように思います。
自分で決めたジャンル分け献立にすることで、料理のバリエーションも増え、今日は○○の日!と子どもたちも嬉しそうです。

また、頭を使って献立を決めるのは、パズルと似ていてとても楽しいです。
めんどくさいと思うこともあるかと思いますが、パズルがはまった瞬間は平凡な主婦生活に活力を与えてくれます。

特に誰も褒めてはくれませんが、お金や時間が節約できたら、私ってスーパー主婦?とにんまりしています。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ