旦那の過労により会社を辞めたことから始めた節約術

pixta_23098078_S

M.Kさん
31歳、主婦歴10年

・どんな節約をしていますか?

食費の節約

毎日の暮らしの中で欠かせないのが食事です。
一日一善というわけにもいきませんから、食費の節約は一番大きいですね。

食費の節約方法は、買い物を減らす機会を作り毎日の献立を作成し、リストアップしてから買い物行くようにしてます。

例えば広告は、携帯アプリを使ってその日どの商品がどの位で手に入るかをメモして買い出しに行くようになりました。
献立を1週間作成すると食事を作る面倒がなくなります。

次は、何を作ろうかと考えるようになりました。
例えば豚肉やミンチを買ったら3日分は、冷凍保存で取っておいて別のメニューを作るようにしアレンジしてます。

買い物は、旦那が休みの日だけ行くようになり、もやしが嫌いだった旦那も節約のためなら仕方ないと食べるようになりました。
仕事場で買ってたお弁当も持参するようになった事、飲み物も水筒三本も持って自動販売機では、買わなくなったと旦那が言ってました。

毎日500円渡してたのですが、これがなくなりましたよ。

美容費の節約

次に美容費についてです。
結婚するまでは美容に全く興味がなかったのですが、身だしなみを良くしなきゃと思うようになって費用がかかるようになりました。
節約するまでは、1カ月に一度美容院に行ってネイルや髪のケアをして2万前後かかってました。

でも今は美容院も安い所で済ませるようになり、半年に一度カラーと髪を切るようにしています。

旦那のカットも1カ月に一度でしたが、現在は三カ月に一度しか行ってないです。

交通費の節約

交際費は、記念日が近ければ近くに旅行行けるようにしてます。
その代わり旦那も私も友達との時間は、減りました。

通信費の節約

通信費に関してもiPhoneとスマホを使用してるのと、ネット(パソコン)を使ってますが、見直してもらって毎月3000円の節約になってます。
クレジットカードの支払いも毎月3万前後ありましたが、通信費で浮いたこの分を返済にあててます。
毎月一回は、買い物するとクレジットカードで払ってましたが、これも見直して今は必要な時だけローン組んでます。

運動の節約

最後は、ジムに通わないで夜旦那と運動がてら散歩に出かけてます。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

節約しようと思ったきっかけは、旦那の過労による精神的な限界が来て会社をやめた事です。

こどもが居ない生活なので贅沢三昧でした。
それはそれは痛い物で、毎月の出費が家賃や光熱費を含めると20万を超えてました。

あればあるだけ使ってたので贅沢三昧でしたが、この世の中仕事がなかなか見つからない現状。

社員だった頃は手取りで32万はもらってたのに、今現在は17万あればいい方です。
なので少しでも節約していけたらと思い挑戦中です。

・節約効果はありましたか?

どの位の効果なのかは、目に見えて分かるようになりました。

お金があった頃は、旦那との時間もなかったのでごはんがいる時だけ作ってました。
今は、当たり前のように一緒に居て料理する時間を得れた事が何よりうれしいです。

節約も1カ月に一度小銭貯金をするようになって、毎月20万超えだったお金の無駄使いもしなくなったと家計を簿見て思います。
有り難みを得れてるお金に変えれない効果があります。

・メリットとデメリットを教えてください

節約方法のメリットは、時間が大事だと改めた事です。
食事を外食ばかりしていた頃とは違い、健康な食事を作るようになった事。
旦那との時間が何より大切だと改められた事。
日々の生活の中で得れない物を得れてる時間に感謝だなと思えるようになった事が何より大事です。

デメリットは、我慢をしなくては、ならない事です。

・これから始めようとしている方へアドバイス

あれが欲しい物欲が心の中で芽生えるとイライラの原因にもなるのです。
そうなれば夫婦のギクシャク生活が始まります。
良く相談し合いお互いの目標は、何なのかを聞き合う事で本当に手に入れなきゃならない物なのかを改める事が出来ます。

一年間どの位貯めれるかを目標とし、夫婦で話し合い夢を得る事を目標に頑張って欲しいと思います。
相手を思いやる気持ちこそ、お金に変えられない心の中での貯蓄になるんだて思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ

家事や育児の隙間時間に
今どき主婦の在宅ワーク

文章を書いてお小遣いがもらえる「在宅WEBライター」の稼ぎ方について、分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です