楽しみながら節約できる3つのなんちゃって節約術をご紹介

女性とスマホ

トフスランビフスラン
29歳専業主婦です。

今年、結婚退職したばかりで主婦歴は半年です。
夫と二人暮らしをしています。
「楽しみながら無理のない範囲で節約する」をモットーに私は日々の節約術を考えています。

・どんな節約をしていますか?

まずとりかかったのは「娯楽」にかかるお金の見直しです。
要は「楽しみ」です。

私は登山、夫は海外ドラマ好きが好きという正反対の楽しみを持っています。
休日は全く別々の過ごし方をする日もありました。

結婚する前はそれでも問題なかったのですが、さすがに一緒に暮らしていているのに食事でしか顔を合わせないのはいかがなものか…と思い二人で時間を共有したくなりました。
休日は夫の趣味のドラマを観て家から出ないでのんびりするのも良いですが、さすがにそれだけだと息が詰まります。
二人で一緒に楽しみ、かつお金をかけずにできることがないか…私は考えます。

そして半年の共同生活から編み出したことがあります。
節約しながら楽しめて夫婦の絆も深められる「なんちゃってシリーズ」3つご紹介します。

・節約しながら楽しめるなんちゃってシリーズ

1.なんちゃってピクニック

1つ目は「なんちゃってピクニック」です。
夫はピクニックをしたことがないという事実に驚き、二人で公園に出かけることにしたのがきっかけです。
子供もいないため、これと言った目的もなく草原に出かけて何をするんだと疑問があったようでした。

そんな夫をなだめながら私はおにぎりをたくさん握り、水筒にお茶を入れました。
大きめのビニール袋、ぬらしたタオル、大判のハンカチ、持ち物はそれくらいです。

近からず遠からずの公園で青空の下でおにぎりを食べる。
ただそれだけなのですが、私は外で食事をする楽しさを登山でよく知っていました。
夫にもそれを分かってもらいたかったのです。

特大おにぎりを2つたいらげ昼寝をする夫…
ぼそりと一言「いいもんだな」お金はかからない上に夫と共有できる楽しみを見つけとても嬉しくなりました。

2.なんちゃって居酒屋

2つ目は「なんちゃって居酒屋」です。
夫が休みの前の日はお酒を飲みます。
これも結婚前は月に何度も二人で外に飲みに行っていました。

しかし一度で大金が消えていくため節約にはなりません。
そこで私は自宅でよく良く居酒屋を再現してみました。

まず、なじみのお店の料理を記憶と舌を頼りに作ってみます。
定番の出しまき卵や冷奴、ねぎ焼きなど簡単なもの、お通しとしてきんぴらごぼうも…
そしてグラスを冷凍庫で冷やしてスタンバイ。
いつの間にか集まった割り箸とお絞りも添えて、部屋の明かりも落として雰囲気を出してみます。

もちろん外食よりはグンと安く済みます。
ちょっとした肴をたくさん作ることがポイントの「なんちゃって居酒屋」は夫にも好評です。

3.なんちゃってカフェ

3つ目は「なんちゃってカフェ」
これは夫の休日の過ごし方から必然的に生まれたものです。

放っておくといつまでも寝ている夫。
朝には目が覚めお腹が空く私…
そんなすれ違いを私がストレスと感じないために思いついたのが、家でブランチをすることです。

以前は休日の前の晩は居酒屋に行き、寝坊した翌日は昼過ぎにカフェでコーヒーとスイーツでお茶をするのが定番でした。
毎週のことでしたので、これを自宅でのお茶に切り替えたことでかなり節約できています。
ドリップコーヒーも十分に美味しいですし、食パンフレンチトーストはありもので作れるカフェレシピです。

 

本当に些細なことですが、これらも続けることで大きな節約につながると思っています。
「なんちゃってピクニック」なら自動販売機でジュースを買うことはしません。
「なんちゃって居酒屋」はなるべく美味しい発泡酒をまとめ買い。
「なんちゃってカフェ」は夜ご飯に備えて無駄に食べ過ぎないうにします。

ちょっとした節約だからこそちょっとした無駄遣いをしないように日々気を引き締めておくようにはしています。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ

家事や育児の隙間時間に
今どき主婦の在宅ワーク

文章を書いてお小遣いがもらえる「在宅WEBライター」の稼ぎ方について、分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です