お金も時間も省ける我が家のお弁当節約大作戦!

pixta_22715434_S

トフスランビフスラン
今年の春に仕事を退職、結婚しました29歳です。
主婦歴は半年です。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

主婦歴こそ短いものの、実家時代の母の手伝いや数年の一人暮らしを経験をし、家事全般は得意です。
家事の中でも好きなのが料理です。
食材に手をかけることで料理へ変わっていくところが魅力です。
毎日のことなのでいかに効率よく、いかに美味しく…と探求心はつきません。

私が一番お金をかけたくなかったのは主人の昼食です。
なぜなら彼の食事時間は異様に短く、味わうということを知りません。
昼食にいたっては「なるべく早く終わらせたい作業」とまで言い放ちました。

独身時代はもっぱら職場近くの立ち食いそばか、コンビニおにぎりを野菜ジュースで流し込んでいたとのことです。
不経済かつ寂しすぎる…そう思いました。

結婚し私がお弁当を作ることになったのはいいのですが、早起きして作ったお弁当が一瞬で消えるのは切ないことだと感じました。
そこで私は考えます。
なるべく無理な早起きもせず、朝の少ない時間でボリュームのあるお弁当を作るためにはどうしたらいいのか…

そして試行錯誤の末ある作戦を導き出しました。
名付けて「お弁当!お金も時間も節約作戦!」

・どんな節約をしていますか?

  1. 1個で満足特大おにぎり
  2. お腹の膨れる卵焼き
  3. 毎日必ず緑黄色野菜

日々のお弁当を簡単にお安く作り続ける作戦です。

まず節約①

私の手のひらから溢れるくらい大きなおにぎりを作ります。
ある程度の満腹感を得てもらえれば、おかずを少なくできるので節約できると考えました。
おにぎりに具は入れません。
ご飯にたっぷりのゴマとごま油と混ぜ込んだり、手頃なカリカリ梅を刻んで入れたりします。
具を常備しなくてもいいのでこれもちょっとした節約になります。

次に②の卵焼きです。

毎日何か食材を足してボリュームが出るようにしています。
手頃な価格で手に入る天かすやお麩、冷蔵庫の残り野菜など何でも入れています。
そして卵2個に食材、納豆のタレ一袋を使って作ります。
我が家は納豆を味なし、もしくは塩で食べるようにしています。
これは昔からの習慣でしたが結果的に調味料の節約につながっています。
上記の分量で味付けも一発で決まるので助かっています。

③の緑黄色野菜。

お野菜は価格の変動があり節約には不向きです。
しかし栄養の面では取り入れたいというジレンマも…
そこで私は冷凍野菜を使っています。
業務用の冷凍ブロッコリーとほうれん草を大量に買ってきてはストック。
これが生野菜を買うよりお安くて保存がきくため一石二鳥です。

お弁当への入れ方です。
カップに鰹節を敷きお醤油をたらし、即席おかかを作ります。
その上に冷凍したままの野菜をのせるだけでお昼には食べ頃のおひたしになります。
解凍されて出た水分をおかかで吸収しつつ、良いお味にしてくれます。
ブロッコリーとほうれん草、たまにインゲンと変えているので主人から飽きたという文句はまだ聞いていません。

昼食は単なる作業と言う夫からの衝撃発言。
初めて聞いた時は「それなら外食でお金をかけるなんてもってのほか!お金もかけず手早く食べれるお弁当の力を見せてやる!」と怒りに似たような感情を抱きました。
その負の感情と夫への少しの愛情をバネに工夫を凝らしたお弁当作りに励みました。

見返してやるという思いから、今ではどれだけ節約できたか家計簿をつけるのが日々の楽しみにもなっています。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ