チラシで日用品の底値を知って賢い買い物の節約術

pixta_863881_S

しーちゃんさん

日用品などの消耗品は不可欠なものですよね。
毎日生活する中でなくてはならない物ばかり。
一度使えば当分使わなくてもよかったり、しょっちゅう使う物だったりと多種多様。

・どんな節約をしていますか?

毎朝ホームセンターとかのチラシをチェックします。
ホームセンター以外にショッピングセンターだったりドラッグストアーだったりとか、日用品が載っているチラシをまずチェックします。
新聞などのチラシはいろいろあります。

食器洗い洗剤1つにしても、いつも使っているメーカーの物で同じ物でも、いろんなチラシをくまなく見てみると、全く同じ商品なのに、たとえ1円でも値段が違ったり、大幅に違ったりと結構あります。
安い店が自宅から遠いと、車のガソリンを使ってもと考えてしまいがちです。
そこで、ノートに普段自分がよく使う品物を書き、チラシを元に店名価格を書き底値を知る事が大切です。

あと、品物の在庫もメモし、もちろん底値の書いたメモも普段から持参して買い物に行きます。
ホームセンターでたまに周年祭とかで、でかでかしたチラシをチェックして、底値の商品で洗濯用洗剤だったり、台所用洗剤だったり、シャンプーリンスだったり、ボディーソープだったりと、普段からの必需品とかは思い切ってケース買いすると得です。

ただし、在庫が沢山あるからとバンバン使うのはもったいないのでやめましょう。
トイレットペーパーやティッシュペーパーも底値ならケース買いした方が得です。
店によって同じ物なのにこんなに値段が違うと気付くでしょう。

底値が分かると、定価で買うのがもったいなく感じます。
幾種類かの商品をケース買いすると、その時は莫大な金額になってしまいます。
でも底値を知らずに高値の物を何も気にせずその場しのぎで買ったりすると、長い目で見ると結構な出費になってたりしています。

・これから始めようとしている方へアドバイス

ノートに書いてメモしたりと面倒くさいと思いますが、やっているうちに違いが分かったりして楽しくなってきます。
また、楽しみながらチラシも見れるようになります。

買い物に行って、ここの店はいくらかなとか気にする様にもなります。
こうしたちょっとした事が節約に繋がっていきます。

たとえ1円でも、ことわざにもあるように塵も積もれば山となるじゃないけど節約に繋がっていきます。

日用品などの節約とは、なんといっても底値を知っておく事です。

台所用洗剤を薄めて使う人の話しを耳にしますが、かえって泡立ちが悪くて余計に洗剤を使ってしまったり・・・
かえって無駄に洗剤を使っているのではと思います。
なので薄めて使うのはやめた方がいいです。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ