外食を制限して食費を減らす節約術

pixta_22391849_S

いたなかさん
年齢30歳、主婦歴6年目です。

・どんな節約をしていますか?

私の節約は、ズバリ外食を減らすことです。
完全にしないというわけではなく、月々に外食にかけるトータル予算はいくらと決め、その予算に応じて行く店や頻度を決めています。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

外食を減らしたきっかけは、家計簿を付け始めたことです。
それまで毎月、月初に1ヶ月分の生活費を財布に入れ、なくなったら適宜補充、余ったら次月に繰越す、としていました。
あまりに補充することが多かったので原因を突き止めようと家計簿を付け始めたら、生活費の中でも圧倒的に食費の割合がが多かったのです。

食費の内訳でも、スーパーやコンビニの金額はさほどでもなかったのですが、外食、特にイートインした時の金額の多さが目につきました。
それからは生活費の中でも食費分はいくら、としっかり決めました。

また、前と同じペースで外食をしていては絶対に予算オーバーするのは確実だったので、食費の中でも外食分は何円までと具体的に設定しました。

・節約効果はありましたか?

外食を制限してからは、明らかに家計に余裕ができました。
もともと家族の人数や年齢の割にエンゲル係数が高かったのが、標準内に収まるようになりました。

生活費の補充もほとんどしなくても大丈夫なようになりました。
外食は単価が高いので、その分効果も高いです。

・メリットとデメリットを教えてください

この節約のメリットは、何といっても抜群に食費が減ることです。
例えば大人2人家族で、1ヶ月の食費予算が6万円だとてして、毎週土日の両方で外食し、1人1食3000円使うとします。

月に10回外食するとして、
[外食費:3000円×10回×2人分=60000円]
となり、それだけで食費がなくなってしまいます。

さらに食材等他の食費の買い物を週2回、毎回2000円使うとして、月に10回で計算すると
[その他食費:2000円×10回=20000円]
ですので、トータル2万円オーバーとなります。

上記の状態から、外食回数を今までの半分にし、その分食材等の買い出しが増えて月15回になったとして、
[トータル食費:60000円÷2+2000円×15回=60000円]
となり、予算内に収まります。

これはかなり大雑把な例ですが、それまで外食にかけていた費用が高いほど、節約効果は大きいです。

ただ、やはりデメリットもあり、疲れた日にもご飯を作らなければならない、遊びに出掛けている日に好きなところで外食できないなど、食事に制限がでます。
私の場合、週末の昼、夜に外食が多かったので、家に帰ってご飯を作ることがかなり面倒に感じ、最初のうちは結局外食に頼ってしまうこともありました。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これからこの節約をする方は、外食の誘惑に負けそうになることが多々あると思います。
特に月始め、まだ財布に余裕がある時と、月後半でもうすぐ給料日という時期は財布の紐をきつく縛ることをオススメします。
外食を減らし、家で食べることが普通になってくれば、たまの外食はより美味しく感じられます。

食費の黒字がたくさん出れば、ご褒美にカフェに行くのもいいでしょう。
頑張れば頑張るほど節約効果は高いです。

まずは1回の外食からでも減らしていきましょう!

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ