野菜の冷凍保存で食費と電気代を節約!

pixta_11125924_S

ふじわらさん
24歳で専業主婦歴は2年目です。

・どんな節約をしていますか?

わたしの行なっている節約術は、野菜の冷凍保存です。

野菜って冷凍保存できるの?と、思う人もいると思います。
野菜は生のまま冷凍保存できるものと調理をして冷凍保存するものとがあります。

簡単に言えば、水分量のすくないものは生のままでも冷凍保存できます。
たとえばかぼちゃや里芋などは、皮をむいたりあるかぼちゃは種を取って程度カットをすれば冷凍保存ができます。

逆にほうれん草や玉ねぎなどは、一度茹でたり蒸したりすることで冷凍保存ができます。
この場合は、生で冷凍できるものよりも早く食べる必要があります。

レタスやほうれん草などの葉物野菜は残念ながら冷凍には向きません。

かぼちゃなど、一度に買うと大きいけれど食べきれないものを半分腐らせてしまったことは経験がある人も多いかと思います。
そのような時には、冷凍保存することで鮮度を保って悪くなるのを遅らせてくれます。

また、ジャガイモなどはマッシュにして小分けにしておけば、お弁当にポテトサラダをという時に少量をすぐに取り出せて便利です。

この野菜の冷凍保存は、野菜を無駄にしないという節約術の他に、もう1つ役割があります。
冷蔵庫というのは、詰めすぎると冷気が行き届きにくく電気代を使います。
逆に、冷凍庫はきっちりと詰まっていることでお互いが冷却し合い、電気代が格段に安くなるのです。

かぼちゃなどは特に、冷凍しようとしてあるものを切るといい量になりますよね。
それらをジップロックなどに保存し、冷凍庫にいれることで今までは冷凍食品やアイスしか入っていなくてスカスカだった冷凍庫が、ぎっしりになります。
すると、冷気がこもりやすく電気代の節約にもなるということです。

また、きっちりと入ると冷凍庫も整理されてきれいに整頓されますよね。
食品は長持ちするし、冷気がこもりやすく電気代は節約されるし、冷凍庫は整理されるし、一石三鳥なのです。

・節約効果はありましたか?

これを始めてからは、野菜などを特に夏場に悪くして捨ててしまうということが多かったのですが、ほとんどなくなりました。
それにプラス、電気代も節約されていふので、月に3000円ほどは浮いています。

・これから始めようとしている方へアドバイス

冷凍も一生ものではないので、コンスタントに使わないと冷凍庫の中でも悪くなったり、冷凍やけしたりしてしまうので、順番に使っていきましょう。

また、なにが入ってあるかなどをジップロックに記載しておけば、まだあるのを忘れて買い足してしまうことも防げるかと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ