日頃の気遣いで公共料金のムダな出費を抑える節約術

払込取扱票

あきさん
46歳の主婦歴5年目です。

・どんな節約をしていますか?

専業主婦なので、家の事で出来る限り無駄な出費を抑えようと、あらゆる節約をしています。
その中でも1番目に見えて、もっともっと出費を抑えたいなっと思うのは、公共料金の節約です。

以前は節約など全く意識せずに、ゆったりしたゆとり生活を送っていました。
やりたい放題、気の向くまま過ごしていたので気が付かなかったのですが・・・

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

友人が家に来た時に、水出しっぱなしよとか、電気つけっぱなしで良いの?とか度々指摘を受けたので、無駄な行いをしていた生活に気が付いたのです。
そこで水を出すときの勢いや、使っていない時にも出しっぱなしというのを改めました。

歯磨き中や、洗顔中や、洗い物中なんかは、ずっと水を意味もなく出しっぱなしにしていたのを、一切辞めました。
そして電気も使わない部屋の電気は消したり、こたつから出たらすぐに電源を切るとか、ポットも使わないのに24時間電源を入れぱなしだったのを就寝中は電気を切るなど、こまごまとした使っていない電気は消すようにしました。

良く考えてみたら、必要でないのに、いつ使うかも不明なのに、なぜ多くのものを無駄にしていたのだろうっと色々なところで気が付きました。

・節約効果はありましたか?

徹底して節約をした結果、ガスも電気も水道も、それぞれ1000円ほど請求金額が下がっていて驚きました。
もっともっと節約できるところがあれば、もうちょっと減らせるのではないかと思いました。

・メリットとデメリットを教えてください

この節約方法のメリットは無駄な消耗を減らせて、地球にも環境にも貢献できているところと、自分自身には余分なお金を支払わなくて済むのでお金のメリットにもなりました。

しかしその分、デメリットもあります。
いちいち何をするにおいても、気を張っていなければいけないところです。
歯ブラシの水を濡らすと、すぐに蛇口をひねらなくてはいけないっと、気にしていなければいけないので、何をするにも気が張って疲れる所です。

しかし何度も何度も行っている事なので、いつかはきっと慣れて意識しないでも癖がついて気が張らずに出来るものだと思うので、癖になって慣れるまでの間の辛抱です。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これから節約を始める人は、やはり勿体ない無駄は省こうと意識を持って気を張って生活することです。
家に居ながら、リラックスも出来ず、面倒で大変な事ですが、いつか癖になるまであきらめずに頑張るとそれが普通になって来ると後が楽になると思います。

癖がつくまでの間だけ辛抱して頑張って行うと良いでしょう。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ