作り置きおかずで時間と食費の節約

pixta_24408436_s

りらっくまさん
32歳、主婦歴1年の新米主婦です。

・どんな節約をしていますか?

私の節約方法は、作り置きおかずを日曜日に作ることです。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

作り置きおかずをやろうと思ったきっかけは、共働きでだんだんと仕事と家庭のバランスが保たれなくなってしまい、あまり料理をつくらなくなってしまった事がありました。
外食や、レトルトを食べる事が多くなり、肌荒れがひどくなってしまったからです。

このままだとまずいと思い、手料理をしっかりしようと思ったのですが、相変わらず、仕事が忙しい。
困って、先輩主婦のインスタをみると、作り置きおかずの写真に目が止まりました。

作る方はみなさんすごい量を一気に作っているようで、それを楽しんでるように見えました。
これなら、毎日の家事の負担も減るし、私にもできそうかなと思い始めた事がきっかけになりました。

だいたい5日程の量を一度につくるので大変ですが、そのおかげで平日の家事もたいへん楽になりました。
共働きの主婦の方にもおすすめです。

・どんなものを作り置きしていますか?

定番で作っているものは、浅漬け、カボチャの煮物、切り干し大根、大豆の煮もの、ホウレンソウのおひたし、煮卵などです。
煮卵や、漬物は作り置きして、冷蔵庫の中に入れとくだけで、調理を勝手にしてくれるので、好きなおかずです。
タッパーにいれて、冷蔵庫にいれて置いて、お弁当のおかずにしたり、夕食に一品プラスしたりしています。

お弁当を作る事だけでも節約になりますが、毎朝早く起きて作るのも、なかなか大変な事で続かない方も多いと思います。
つくりおきおかずをすると、平日の家事の負担を減らす事が出来ます。

おかずだけでなく、料理の下ごしらえなどをしてしまうのも良いです。
玉ねぎを薄切りにして冷凍しておけば、お味噌汁にいれたり、野菜炒めにいれたりと、毎日の料理の手間を省く事が出来ます。
冷凍野菜は、玉ねぎ、長ネギ、大根をよくしています。

はじめは、外食が多く健康のために料理を継続して行こうと思う程度ではじめたのですが、日曜日にまとめて料理することがとても楽しくなり、良い気持ちのリフレッシュとなっています。

・節約効果はありましたか?

お弁当も持っていけて、外食も減ったので、月の食費が、12000円も減りました。
お肌と体の調子もよくなって、良いことばかりです。

・メリットとデメリットを教えてください

デメリットは、会社で急な会食や出張などがあるとなかなかうちでご飯を食べる時間がなくなり、食べれなくなる事があること位です。
これも、そういう心配のない方やお子さんがいる方は問題のない事だと思います。

作り置きおかずは、毎日の家事の手間を省く簡単な方法ですが、メリットいっぱいでとてもおすすめです。

・これから始めようとしている方へアドバイス

時間のある時に野菜をまとめて切ったり、ゆでたりするだけでも、始められますのでとてもおすすめです。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ