ベランダ菜園で薬味などの野菜を育てて節約

pixta_10804581_s

スーチさん
29歳 主婦歴3年

・どんな節約をしていますか?

我が家の節約方法は、ベランダ菜園です。
薬味などの野菜を育てています。
ベランダという限られたスペースでは、おかずにして食べられるようなものを育てるのは難しいですが、薬味になるようなものなら簡単にできます。

初めて育てたのはバジルでした。
空き缶くらいの大きさの入れ物に土を入れ、そこに種を撒き、毎日水で湿らすだけでした。
たくさん生えてきたら、間引いて他の入れ物に植えます。
手間もかからずに育てることができて、パスタやピザに使えました。

独身時代にひとり暮らしをしていて、部屋に熱帯魚か観葉植物が欲しいと思っており、どうせ育てるならば食べるという達成感のあるものがいいなと思い、ベランダ菜園を始めました。
死ぬとか枯れるという結果よりも、美味しくいただく方がいいと思ったのです。

ベランダ菜園を始めてからは、買うと高い薬味類はほぼ全て育てて使うようになりました。
バジルやミント、大葉、万能ねぎなどを栽培しています。

・節約効果はありましたか?

私は、薬味をたっぷり入れて食べるのが好きなので、これを始める前はフリーズドライのものや生のものを購入して使っていました。
プランターと土は100円均一で揃え、たねもホームセンターなどで安いものは100円以下で買えます。
プランター、土、種を合わせて300円あたりに、1シーズン500円分程収穫できています。

次のシーズンにかかる費用は種の分だけなので、食費はだいぶ節約できています。
たくさん収穫できる時期だと、始める前と比べると、月に2,000円くらいの節約になることもあります。

・メリットとデメリットを教えてください

この節約方法のメリットは、収穫したものを使って料理をするようになることです。
収穫できると、どんな料理を作ろうかわくわくして自炊のモチベーションが上がります。
そして、外食にかかるお金も節約できてしまうのです。

デメリットはほとんどありません。
強いていうなら、ベランダの掃除が面倒になることでしょうか。
プランターから土が飛んで汚れるので、毎朝の水やりのついでに水で流したり、週に一度くらいブラシでこすったりしています。

また、プランターをみっちり置いてしまうと、移動させて掃除するのがより面倒になるかも知れませんね。

・これから始めようとしている方へアドバイス

毎朝、水やりする手間を苦に感じず、むしろ成長を見るのが楽しみと思える方は、ぜひベランダ菜園に挑戦してほしいです。
コンクリートだらけの中で、毎日土の匂いを嗅ぐだけでもリラックスできますよ。
それが節約につながっていると思うと、毎朝ベランダに出るのが楽しみになりますし。

節約もできて、生活も豊かになるベランダ菜園、ぜひ一度お試しください。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ