排水溝のネットを撤去!年間8000円の節約!

台所のシンク

あつさん
30歳 主婦歴7年目

・排水溝のネットと蓋を撤去して節約

我が家の排水溝キッチン、洗面所、お風呂の3箇所に設置していた排水溝ネットと蓋を撤去したことです。
排水溝ネットの節約と掃除回数を減らすことによる洗剤の節約に繋がっています。

蓋を撤去したらゴミがたまるとすぐに目につくようにした為です。
それまで洗面所とお風呂場は水の流れが悪くなってから髪クズなどが溜まっていることに気づき、カビの原因などにもなっていました。
蓋がないことにより、使った時に出るクズを毎回捨てる癖がつき、排水溝のカビや悪臭の発生も防ぐことができています。

キッチンの場合、残飯などを入れる三角コーナーの設置と排水溝ネットの撤去を同時に行いました。
朝ごはん、昼ごはん、夕ごはん毎に排水溝に溜まったゴミを新聞紙に包み我が家で一個だけ設置しているゴミ箱に捨てています。
毎食ごとに捨てるようにしているので、排水溝や三角コーナー独特のぬめなどが付くこともなく、食器洗い後に簡単に洗剤で食器感覚で洗っています。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

節約をしようと思ったきっかけは、もともとこまめに排水溝の掃除をするタイプだったので、ネットの消耗が多かったのですが、ある日キッチンのネットのストックが切れてしまい、ネットを付けずに過ごしていたら必要自体無いのではないかと感じました。
そこで、思いきってお風呂場と洗面所もストックがなくなり次第ネットを使わない生活をしてみたところそれが定着し、結果節約に繋がりました。

・どのくらいの効果がありましたか?

キッチンのネットは50枚入りで300円程度、洗面所はクズ取りが6個入りで100円、お風呂場は30枚入りで150円程度のものを購入し、全て1ヶ月に1回購入していました。
その消耗品費がなくなった分として月に550円の節約、年間では6600円の節約に繋がりました。

また、気合の入る排水溝の掃除も必要なくなりカビキラーやドメストのような強力洗剤も不要になったので、合わせて年間8000円程度の節約になっています。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットはネット消耗品費の節約とこまめにゴミを処分することによる排水溝のカビ・ぬめり・臭いを防ぐことが出来ることです。

デメリットはゴミが溜まってきたら捨てるのではなく、ほぼ毎回捨てないといけないので、癖がつくまでは面倒に感じたことです。

・これから始めようとしている人へアドバイス

夏は特に排水溝の汚れが原因でカビはもちろん、コバエやゴキブリの発生率が増えると言われています。
この節約方法を始めてから、家庭内でコバエやゴキブリを私は見たことがありません。
とても細かい節約ではありますが、年間にすると8000円になり、立派な節約になります。
癖がつくまでは面倒くさいと思われがちですが、メリットしかないと思うので是非チャレンジしてみて下さい。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ