電気ポットの付けっぱなしがなくなる節約術

electic kettle

ピッコリーノさん
主婦歴2年半の28歳です。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

使わない電気は消したり、食材は安い日にまとめ買いしたり、節約はつねに心掛けて生活しています。
付けっぱなしがすごく気になり、主人にも「使わない部屋の電気は消して!」と口うるさく言っている私。
そんな中ずっと気になっていたのがポットでした。

出産して、授乳の為丸一日ポットが付けっぱなしの日々が続いていました。
母乳の割合の方が多かったのですが、時々ミルクも作るため、ポットを切ることも出来ず…
ポットの保温だけでは電気代に大きく響くこともないとはおもいましたが、付けっぱなしのポットがどうしても気になっていました。
赤ちゃんのためにそこは割り切ろうと思ったのですが、何とか出来ないかとずっと考えていました。

・どんな節約をしましたか?

そんな時にたまたまホームセンターで見つけたものがステンレス製の魔法瓶タイプのケトルです。
魔法瓶になっているので、保温はもちろん冷たいものも対応しています。
このケトルなら一日中ポットが付けっぱなしなことに悩んでいたことも解消出来るのではないかと思い、購入しました。

・節約効果はありましたか?

やかんでお湯を沸かし、そのケトルに入れて置いておくだけですが、朝沸かしたお湯が夕方になっても温かく、調乳もできました。
要は魔法瓶の水筒のようなものなので、もちろん電気代はかかりません。
ですが、朝入れた物が夕方まで普通に温かい(熱湯に近い温度)状態が続いていることに感動し、ずっと気になっていたポットの電源を切り、片付けることができました!!

保温力が強く、ステンレスケトルを購入してからポットいらずで過ごせています。

・これから始めようとしている方へアドバイス

授乳でミルクを作るお母さんも、このケトルなら夜寝室に持っていけるので、夜中わざわざキッチンのポットに行く必要もなく、また夜中ポットを付けっぱなしにしておく必要もなくなります。

ポットの電気代なんて、ごくわずかかもしれませんが、授乳期はどうしても一日中付けっぱなしになってしまうことが多いと思います。
その付けっぱなしのポットを切るだけで、わずかでも電気代の節約になります。

我が家では授乳が終わった今でもこのケトルを使いポットは出していません。
ケトルのお湯がなくなったら、沸かす必要はありますが、保温は電気を使わなくてもケトルがしてくれるのでとても便利です。
これで、電気代が劇的に変化する!と言うわけではありませんが、ほんの些細なことが積み重なって節約した効果を発揮すると思うので、電気ポットを使わず魔法瓶のケトルで保温してお湯を使うというのも我が家にとっては大切な節約の一つになっています。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ