主婦には欠かせない毎月の食費を浮かせる節約術

スーパーの買い物

ホットケーキさん
29歳の専業主婦です。
主婦歴は5年目になります。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

子供二人が私立の幼稚園へ通うことになり、家計が苦しくなってきたので、本気の節約をはじめることにしました。
一番削れるのは何かな?と考えた結果、食費を節約することにしました。

・具体的な節約方法を分かりやすく教えてください

私のはじめた節約方法は、「スーパーには一週間に一度しかいかない」です。
月曜日から日曜日までの献立をあらかじめ考えておき、一週間の食費は六千円までと決めて、その献立に必要な食材だけを買うという節約をはじめました。
今までは、ちょこちょこスーパーに買いに行っては無駄なものやお菓子などを買ってしまっていたのですが、この方法に変えてからは無駄が一切なくなりました。

・どのくらいの効果がありましたか?

以前の家計簿と見比べると、月の食費がマイナス1.5万円ほどになりました。
レシートの詳細を見てみると、やはりスーパーで特売品やお菓子やジュースやお酒など、絶対に必要ではないものを買っていることが多かったです。

・メリットとデメリットを教えてください

この節約術のメリットとしては、買い物に行く手間が省けることと、無駄な買い物が一切減ることです。
またレシピをあらかじめ一週間分考えてあると、お肉料理やお魚料理のバランスや、和食や洋食のバランスなどが取りやすくなります。

デメリットとしては、荷物が大量になってしまい、冷蔵庫がいっぱいになってしまうことと、後半の食材は日持ちするものを選ばないといけないということです。
でも、慣れてくると上手に買い分けができるようになるので、お買い物が楽しくなってくると思います。

・これから始めようとしている人へアドバイス

前半は、お刺身など新鮮な食材を活かした料理をし、後半は日持ちするお野菜や冷凍のお肉で煮込み系のお料理をするなど、方法は限りなくあると思います。
浮いた食費で貯金もできるし、限られた予算の中で色々なレシピを考えるのは、料理の勉強にもなるし、いいことだらけです。
私も、この節約をはじめてから、美味しい節約料理のレパートリーがたくさん増えました。
主人も「この安さでこんなに美味しいなら最高だね」と、喜んでくれています。

節約は主婦の腕の見せ所だと思っています。
色々な節約術があると思いますが、その中でも食費は一番見直しやすく、取り組みやすい節約ではないかと思います。
節約できた金額が目に見えてわかるので、やりがいや達成感も大きいです。

どなたでも簡単にできるので、「スーパーには一週間に一度しかいかない」という節約術を、ぜひ楽しみながら試してほしいです。
必ず家計の役に立つと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ