「地球にやさしく、自分にやさしく、無理なく節電」を合言葉に!

電気代を節約

ハニーさん
45歳 主婦歴12年

・電気料金の節約方法

電気料金のプランで電力使用時間帯による金額が違うプラン(23時~8時までが一番安く、8時~10時、17時~23時までがまぁまぁで、10時~17時までが高い)を設定しているので、なるべく金額が安い時間帯に電気がいることを済ますようにしています。

例えば、ポットのお湯が空になっても足さず、急いでいなければ寝る直前(23時)まで待ったり、麦茶を沸かすのも寝る直前にしています。
また掃除機も10時までにはかけ終わるように、洗濯機も8時までには切れるように逆算してするようにしています。
他にも夕ご飯の用意も17時から調理器具(IHクッキングヒーターや下処理のための電子レンジ)を使用し、それより前の時間は電気がいらない野菜を切ったり、洗濯をたたんだりの家事の時間に充てています。
そして冷暖房は17時までは我慢します。
それまで夕食の買い物をしたり、出かけるのも良いでしょう。

・その節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

節約というよりも、夏の節電のお願いが頻繁に言われるようになって、少しでも協力しようと身近なところから、ささやかな電力でも節約をとの気持ちから始めました。

・どのくらいの効果がありましたか?

正直なところ、家計簿や電気料金の明細を見て比べたりしていないので、金額的にはわかりませんが、毎日のことなのでかなり(2,3千円くらい)は違うのではないかと思っています。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは家計の節約にもなり、なお且つ、日本の、ひいては地球全体に優しいことをしているという自尊心が持てることです。

デメリットは時間がきてからの行動になるので、夕ご飯が少し遅めになったり、早く寝たいときでもついつい23時までは台所から離れられないことです。

・これから始めようとしている人へアドバイス

時計を見て行動するだけのとっても簡単な節約方法なので、同じような電気料金プランの方は是非試してもらいたいと思います。
地球のためにもなりますよ!
そして最初は簡単なところから初めて、徐々に出来ることを増やしていくのがいいと思います。
初めから何もかにも安い時間帯に家事を持ってくると結局出来なかったり、イライラしてストレスが溜まって良くないです。

そしてこだわることには、時間帯を気にせず電気を使うのもいいと思います。
例えば私の場合ですと、ご飯は炊きたてが食べたいので、よく言われている「朝にまとめて一日分を炊く」ということはしていません。
夜ご飯の前、18時頃にスイッチを入れます。

「地球にやさしく、自分にやさしく、無理なく節電」これを合言葉に一緒に節電をがんばりましょう!

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ