業務用のメガ盛り食材を冷凍保存しておく節約術

保存

セピアさん

・どんな節約をしていますか?

最近では、大きな量販店によく「メガ盛り」と名をうった商品がならんでいます。
たとえば鶏肉が1kgで980円とか、ひき肉が1kg入って980円とか、シャケの切り身が10枚入って800円とか・・・
ようは業務用と呼ばれる品々です。
こういったものは、時間さえ許せば一部だけ味付けして、冷凍してしまえるのでとても重宝しています。

ひき肉などは豚肉ですが、私はあらゆる料理に重宝しています。
5つくらいにラップで小分けにして、冷凍してしまいます。
肉団子の中華スープを作る時に、1つだけ取り出してレンジでチンして、生姜や卵や塩コショウを入れて簡単にスープの出来上がりです。

それとハンバーグも出来ます。
ハンバーグの基本は合いびき肉なのですが、私は裏技を使ってマヨネーズを混ぜます。
すると、豚肉だけのひき肉でもとてもジューシーになっておいしいです。

他にもワンタンなども簡単に作れます。
小分けにする事によって、その都度作るお料理の分だけ、簡単に解凍して使えるのです。

鳥もも肉なども、一つ一つラップに包んで冷凍して置けば、焼き鳥など作ったりできます。
しかも、大勢で食べる時は3つ解凍して、子どもだけなら1つだけ解凍してと、その時の分量に寄っても使い分ける事が出来ます。

今のところ肉ばかりですが、ニラやピーマンも私は冷凍してしまいます。
ピーマンなら最初に切って冷凍しておきます。

ニラもある程度料理に放り込んでつかえるサイズに切ってから冷凍します。
あとはお料理に凍ったまま放りこめばいいだけです。
ただニラに関しては市販のものだと香りが落ちるので、産地直送で地産地消の取れたてのもの等の方が冷凍にはお勧めです。

ピーマンはそのままピザの具材として、凍ったまま生地にのっけて焼いても大丈夫です。

後は茗荷などの香りものも、輪切りやみじん切りにして冷凍して、お蕎麦の時に解凍して薬味として使います。

大根も冷凍します。
そのものを冷凍する事は出来ないのですが、大根おろしにしてラップで包んで小分けにしておきます。

なめこの味噌汁などに、凍ったままほおりこむとダシにプラスしておいしくなります。
または今の季節なら、単純に解凍して焼き秋刀魚の脇に置いても食べられます。

それとセロリの葉っぱを私はみじん切りにして、冷凍してしまいます。
セロリはイタリアン料理にはなんでも使えます。
殺菌力がとても強い野菜なので、ミートソースやミネストローネ等に入れると腐りにくくなり、保存も効くようになります。
しかも葉っぱは、人に寄っては捨ててしまうところなので、節約にもなり一石二鳥です。

このように、冷凍も色々な物を工夫して冷凍すると、色々な料理につかえるので、ぜひお試しください。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ