食材を細かく使って無駄にしない料理の節約方法

Kitchen

かななのかさん
32歳 主婦歴1年

・どんな節約をしていますか?

私が今回お話しする節約方法は料理での節約方法です。
まず、食材を安く買ってくる事はもちろんですが、買ってきた食材を細かく、そして余す事なく使うという事がポイントです。

例えば、長ネギなら緑の部分まで私は使いますし、金目の煮付け作って出た頭などは汁物のダシに使ったり、海老の殻などもいいダシがでます。
このように、捨ててしまう所も使ってもう一品作るとお金をかけずにオカズも増えて節約につながります。

後は食材を細かく使う。
私の場合は、一回のお味噌で4枚入りの油揚げを1枚で、それを少し小さめな細かく切って使います。
少ない量を細かくして使うと何日分かになりますし、細かいけど沢山入っているように感じます。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

私がこのような節約方法をしようと思ったきっかけは2つあります。
まず、結婚した主人には食べ盛りの中学生の男の子が連れ子でいるのと、産まれたばかりでミルク代がかかる赤ちゃんがいます。
それにより少ない給料で家計をまわしていかなくてはいけないのと、同居している義母がなかなかの節約人間で、それを間近で見ていたので節約するようになりました。

・どのくらい節約効果がありましたか?

やはり大人四人と赤ちゃんがいる家庭だと5、6万円は食費にかかるかと思いますが、日々の節約により私は3、4万円でやりくりしています。
一週間一万円使うか使わないかです。
なので2万くらい節約できてるのでチリツモですが効果はあると思っています。

・メリットとデメリットを教えてください

節約のメリットは、色々と節約で美味しいレシピが沢山うまれたことです。
少ない材料や限られて食費でやらなくてはいけないけれど、それによって試行錯誤してオリジナルのレシピが増えました。

デメリットは、肉など(今は特に野菜)値がはるものは、あまりちょこちょこ買えないということ。
なので食べ盛りの子供には少し可哀想な思いをさせちゃっているかもしれません。

・これから始めようとしている方へアドバイス

私は結婚するまで実家で暮らしていたんですが、その頃は私も働いて家にお金をいれていたので、それなりの生活をしていました。
なので結婚して、それはそれは厳しい家計をやりくりしなくてはならなくなり、生活水準を落とすことの大変さを知りました。
やはり、人間いい暮らしから落とすというのは中々難しいものですよね。

でも、今は逆にそれを楽しむようにしています。
節約節約と頭をいためているのではなく、新レシピの開発ができたり料理レベルをあげられるとプラスに考えて楽しくやっていければと思います。
主婦は色々と大変ですが、少しでも楽に楽しく頑張りましょう。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ