使わない電気はこまめに消して電気代の節約

コンセントプラグ

なつみさん
28歳 主婦歴3年

・どんな節約をしていますか?

使わない電気はとにかく消すことです。
当たり前かもしれませんが、これを徹底することがポイントです。

例えば、テレビは見ていない時は消すようにしています。
専業主婦で家にいるので、家事をしながら、なんとなくテレビがついていて、見ているようなみていないような…ということがよくありましたが、そういう時間はなくしました。
代わりに、スマートフォンのアプリでラジオを聴くようになりました。

他にも、使っていない部屋の電気は消すことを常に心がけています。
夕飯を作りにキッチンにいる時、リビングに誰もいなければ全消灯です。
入浴中の脱衣所も一旦電気は消します。
上がって着替える時に必要があればつけています。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

子どもが産まれ、今までケチケチしていた冷暖房代がなかなか削れなくなりました。
真夏真冬の電気代が過去最高になり、どうしたら安くできるか考えたところ、この方法にたどり着きました。

知人から、テレビを毎日ダラダラつけている電気代は意外とかかるという話を聞いたのもきっかけになりました。

・どのくらい節約効果がありましたか?

電気代が月に数百円安くなりました。
冷暖房を使わない月はだいぶ安くなり、すごく達成感もあります。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、電気代が安くなることです。
よく聞く節約術に、待機電力の話が出てくることもありますが、頻繁に使うものの待機電力まで気にかけている余裕は私にはありませんでした。
なので、プチ節約というくらいがちょうど良い気軽さがあって、やりやすいと思います。
また意識が変わり、水道代やガス代も節約できる部分はないかと考えながら生活するようになりました。
それだけで、若干他の光熱費も安くなりました。

デメリットは、テレビをあまり見なくなるので、世の中の情報が入ってきにくくなりました。
今までは、だらだら見ている間に大事な情報からちょっとした面白い話まで、なんとなくではありますが、耳に入ってきました。
しかし、だらだら見をやめてから、自分で意識してニュースを見る時間を作ったり、インターネットのニュースを開いたりしないと、何も知らないことに気づきました。
また、ドラマの話や歌番組の感想など、話題に乗れないことも時々あります。
どれくらいはテレビをつけ、消すのか、その辺りのさじ加減が難しいです。

・これから始めようとしている方へアドバイス

たった数十円数百円の話かもしれませんが、ちょっと気をつけただけで、それだけ節約できるのです。
それが、何年も貯まったらなかなかの金額になります。
生活の流れに組み込んでしまえば、そんなに苦労することもありませんので大丈夫です。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ