金曜日に土日の献立を考えて買い物も済ませる節約術

pixta_9505694_s

かなもさん
主婦歴の6年、31歳です。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

専業主婦ですが、幼稚園に通う娘のお弁当を毎日作り、幼稚園への送り迎え、2歳の息子の相手、家事をしていると、あっという間に1日が過ぎていきます。
そこで、いかに平日の夜ご飯の準備を楽にするか、いかに節約するか、ということを常々考えています。

・どんな節約をしていますか?

日曜の夜に、常備菜を3~4種類作るという生活をしていました。
確かに、常備菜があることで、お弁当や平日の夕食作りは楽になりましたが、常備菜の保存期限がだいたい5日なので、金曜日には、冷蔵庫もすっからかん。
いざ、土曜日になると、今日の晩御飯どうしよう!?となることが多々ありました。

主人が休みの土曜日は、朝から家族で出かけることが多く、夕方帰ってくると、平日以上にクタクタで、なかなかそこから買い物して、料理を作る気力はありません。
外食をしてしまうこともありますが、お出かけ先で、お昼に外食をしていると、夜も外食をするのは、子どもたちの栄養も気になるし、お財布事情も厳しいです。
そのため、ご飯だけは炊いて、おかずはスーパーで買って帰る、なんてことになるのですが、お惣菜も4人分買うと、結局結構なお値段になります。

そこで、始めたのが、土日のざっくりした献立を考え、金曜日のうちに必ず買い物を済ませておく、という節約法です。

朝ごはんが外食になることはないので、土日の昼ごはんと夜ごはんを考えます。
例えば、土曜日の昼→お出かけ先で外食、土曜日の夜→お好み焼き、日曜の昼→家で焼きそば 日曜の夜→鍋。

外食に、流れる1番の誘惑は、主人の一言です。
土曜日の夜、「今日はもう外で食べない?」と主人に言われたら、なんとなく、「そうだね」と答えていましたが、今は「今日はお好み焼きの材料もう買ってあるから」ときっぱり断ることも出来ます。

日曜日の、夜、鍋、と決めておくだけで、朝から野菜を切ったり、軽く準備をしておくことができます。

・節約効果はありましたか?

以前は土日で2食以上の外食をすることも多々ありましたが、現在はほとんど1食です。

・これから始めようとしている方へアドバイス

土日も細かいメニューを考えてしまうと、気の休まる暇もなく、返って億劫になってしまうので、作りながら食べられるお好み焼きや鍋などはオススメです。
どうしても、忙しい平日のご飯を考えることで精一杯になりがちですが、土日の献立を考えることが大きな節約となります。

もちろん、毎日のご飯作り、たまには手を抜きたいので、時々外食というのは、大事なことだと思います。
外食代はかなり高くつくので、月何回まで、と決めて、無計画な外食をやめることが、節約の大きな一歩になります。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ