家計簿を家族で共有して浪費癖をなくす節約術

pixta_21870481_s

ずみなかさん
現在31歳で、主婦歴は4年目になります。

・どんな節約をしていますか?

我が家での節約方法は、「家計簿を家族で共有する」というものです。
いろいろな家計簿アプリを吟味し、家族間で共有できるものをそれぞれのスマートフォンにインストールして、自分の分の収入と支出を入力していくという方法をとっています。

アプリに限らず、1冊手書きの家計簿を自宅に置いておくだけでも良いと思います。
大切なのは自分の関わった出費について、自身で入力するということです。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

新婚の頃、家計の管理について、夫婦どちらが財布の紐を握るべきか?という話を先輩夫婦からよく聞きました。
私の周囲では、一般的に妻側が管理していることが多く、旦那さんは妻の管理のもとお小遣い制で過ごされているという状況でした。

そういう流れもあり、当初は妻である私の方が家計を管理していたのですが、そもそもお金の管理があまり得意ではなく、食費や光熱費にどれほど使ってよいものか、どうすれば上手くやりくりができるかという分析ができていませんでした。
その上に浪費癖もあり…なかなか貯蓄が増えていかない状態でした。

そこで家族会議を開き、どうすればうまく節約ができるか?ということを話し合った結果、試しに家族で共有のできる家計簿で家計を管理してみようということになりました。
家計簿というと少し面倒くさいイメージがある方も多いと思います。
しかし意外にスマートフォンのアプリは便利で、数字を入力するだけ、「食費」などの出費項目を選択するだけで保存できるため、簡単に記録を残すことができます。

レシートを写真で撮るだけで良い機能があるものもあるようです。

・節約効果はありましたか?

家族で家計簿の共有…節約につながるかなぁ?と半信半疑でしたが、実際のところ効果は抜群でした。
日常生活で何にどれほど使っているかが把握できるのはもちろんですが、「今月は食費が多いからちょっと趣味への出費は控えよう」という意識が個人個人で生まれるようになりました。

実際には家族で管理されている家計簿に、個人的な出費を入力する後ろめたさもあり、浪費癖が治っていったとも言えるかもしれません。
月にこれくらい貯蓄することを目標にしよう、と決めていると、それがきちんと実現できるようになりました。

・メリットとデメリットを教えてください

家計簿の数字を実際に全員が見られる状況にすることで、一人が節約に悩むのではなく、家族全体で努力できるという利点があります。

ただし難点は、支出を詐称しないということ…。
後ろめたい出費があったからといって、家計簿に入力しないと実際のお金とのズレが出てきてしまうので大変です。

・これから始めようとしている方へアドバイス

本当に節約したい、貯蓄を増やしたいという目標がある方。
目に見えない節約ももちろん良いですが、家族で管理できる家計簿に真摯に向き合ってみると、無駄が抑えられ、着実な節約に繋がると思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ