1日1回の調理でガス代・水道代を日々節約しています!

ガス台

石紙やわさん
25歳 主婦歴1年

・ガス代と水道代の節約方法

ガス代を節約するために、料理は朝食・昼食・夕食(翌日の主人のお弁当を含む)を一気に作るようにしています。
ガスは最初の温める時が1番パワーを使うそうで、熱効率のことを考えると1度に作った方がガス代を抑えることができると知りそのように行っております。

また、それに伴ってフライパンや鍋などは味の薄いものから濃いものにかけて調理するように工夫して、何度も洗う作業を無くし熱を逃がさないようにしています。
調理器具を洗うと水道代もかかりますし、このような流れで料理すると家事の時間を短縮できる上に節約することが可能なので誰にでもお勧めできる方法だと思います。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

退職し子供を出産して、ありとあらゆるものにお金がかかるようになったので節約を始めました。
節約できるところはどこか家の中で探してみて、まず光熱費が目につきました。
電気代は、子供の熱中症予防のクーラーや視力低下させないための蛍光灯、ミルク用ポットなど節約することが難しいと感じ、ガスと水道代を何とかしようとしました。
実際に子育てをしていると料理をする時間も限られてしまいますし、節約だけではなくライフスタイルを整えるにも役立つと思い、この方法を継続しました。

・どのくらい効果がありましたか?

我が家は殆ど毎日自炊をしている家庭で、月々のガス代がおよそ5000円ほどだったのですが、節約してから3500円ほどまで下げることができました。
水道代は、産後洗濯の回数が増えたので判断しにくいですが、それでも500円程度以前より少ない明細書が毎月届いています。

・メリットとデメリットを教えてください

まずメリットとしては、新たに用意するものは何もないということです。
節約をするのには初期投資が必要な場合もあり、今まで省エネタップを購入したり、お風呂に水を入れたペットボトルを沈めたりと苦労が伴っていました。
この方法の場合は調理を一度に行うだけなので、特に面倒な作業がなく節約しやすいと思います。

デメリットとしては、まとまった時間がないと1度に終わらすことができないという点です。
朝食・昼食・夕食の分を作るとなると、作るメニューにもよりますが1時間ほどかかってしまいます。
その間に子供が愚図ったり、宅急便や来客を挟んでしまうと結局ガスコンロが冷えて意味がなくなってしまう時もあります。

・これから始めようとしている人へアドバイス

前の料理に使用してフライパンに残った油を次の料理に使ったりもするので、全体的に節約ができる方法だと思います。
コツとしては、最初に食材をある程度切って下処理を終わらしておき、加熱する際には素早く作業することです。
これで節約に失敗せず毎日料理をすることができますし、1日に何度も台所に立つ必要もなくてとても楽に過ごすことができます。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ