人生のキャッシュフローを考えて食費の節約から始めました

pixta_20481329_s

にしにりさん
私の年齢は40歳です。
主婦歴は5年になります。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

節約をしようと思ったきっかけは、主婦を始めてから、日々の家計を気にするようになったからです。
特に、子供が生まれるときには、これからの人生のキャッシュフローを考えて、出来るだけ節約して日々暮らしていくことが大事だと痛感し、節約を実践しなければと思いました。

独身の時と違って、子供が生まれたら、予想しない出費もありますし、子供の教育費も日本はとてもかかるので、備えておかなければならないことが沢山あります。
子供が巣立った後の将来の介護費用についても対応できないと、子供に迷惑をかけてしまいますから、大変困ることになってしまいます。

しかし、そうはいっても、日々の生活を決まったお金でやりくりしていても、予想外の出費で、オーバーすることもあります。
足りない時に困ることをしたくないので、日々の暮らしから節約をしようと決めました。

・どんな節約をしましたか?

具体的にしたことは、食費の節約です。
食費を節約するために、食材をあまり買わないで、決まったものばかり食べさせていては、家族にとって食育になりませんし、それは貧相な生活になってしまいますから、これは極力避けたいと考えておりました。
沢山の食材を食べさせてあげたいと思いますが、お金もかかるので、賞味期限が短いもの、生ものは買ったとしても、そのほかの食材は、冷凍保存をすることで、食費をコントロールすることが出来ました。

購入する時の注意点としては、常備できる保存食品は、一円でも安いスーパーなどで購入する事、お肉など冷凍保存のきくものは小分けにして冷凍庫で保存する事。
野菜などは、その時期の旬の野菜を購入して、食費を安く抑えることに努めること。
ネットスーパーだと、金額が安いことが多いので、まとめ買いをして出費をコントロールすることです。
ポイントがたまるお店で買い続けることで、将来キャッシュバックが可能なので、それを家計の足しにすることも出来ました。

購入する時は、必ずクレジットカードを使って、家計を管理しました。
この方法で、毎月いくら出費したのかわかりますし、食品も安く効率よく購入できて大変節約につながりました。

デメリットとしては、安く買うことをいつも考えているので、疲れることでしょうか。
日によって安い日と安くない日があるので、高い日に買ってしまったときの、後悔と喪失感は底知れないものがありました。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これから、節約を考えている方は、食費は生きていくうえで必ずかかってくるものです。
費用を減らせるなら減らしたいと考えますが、貧相な食生活にならないようにしてください。

工夫すれば、一日30品目は可能です。
くれぐれも、もやしが沢山出る食卓にならないようにしてほしいと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ