安ティッシュと高ティッシュの使い分けで節約

ティッシュ

ぴょこりんさん
結婚して6年目、34歳主婦です。
子供は二人、4歳と2歳の女の子です。

・どんな節約をしていますか?

現在は三人目妊娠中で、専業主婦になっていますが、以前はフルタイムで夜勤もする看護師でした。
通勤も片道一時間以上と遠く、朝も晩もひたすら時間に追われてドタバタと過ぎていっていました。

引っ越しを機にダイニングテーブルは家族でずっと囲むものなので、とても大切に思っていて、大奮発して樹齢千年の一枚板の大きなものを購入しました。
購入したのは、まだ上の子だけの時でした。
 
下の子が生まれ、育児休暇も明けて、再びドタバタとした生活が始まると、毎食後にテーブルを拭く時間もなく、そのまま出かけたり、慌てて食器を洗ってお風呂タイム!寝かしつけ!といった感じで大切なダイニングテーブルは食べカスだらけです。
濡れ布巾を一つ絞って置いておく余裕すらなかった私です。

子供が二人ですから、食べこぼしの量も多く、特に下の子は一歳過ぎてまだ上手く食べれないにも関わらず、とにかく自分でやりたい子だったので、激しく汚れました。
上の子も手についてしまった汚れをコッソリテーブルの縁に擦りつけて綺麗にする嫌な技をいつの間にやら習慣化させていました。
発見する度に注意するもののなかなか治りませんでした。
 
そんな時に、ドラッグストアで箱入りティッシュではなく、ビニールに入ったティッシュを見つけました。
ティッシュ自体の形状は全く同じです。
箱入りではないので、同じ位の量でも100円以上安かったです。

箱代の分安いのかなぁ程度の気持ちで、試しに買ってみると、ゴワゴワして硬く、鼻をかむには痛い。
しかし、テーブルに置いておいて、チョット手を拭く、食べこぼしを摘んだり拭いたりには、もってこいでした。

また、ウチは田舎なので、虫がよく出没するので、虫をやっつける際にも安いティッシュで充分です。
 
普通の箱ティッシュと、保湿成分の入ったティッシュと合わせて3種類常備です。
少し鼻が出るとき等は普通ティッシュ、鼻炎や風邪でダラダラ出続けるときは保湿成分ティッシュと使い分けています。

リビングに常備するティッシュが増えますが、安いティッシュは心置きなく使え、粗末に扱われるハメになっていたダイニングテーブルも存在感を取り戻せました。

もちろん本当は毎度濡れ布巾で綺麗にしたい気持ちはありますし、余裕のある時はそうしますが、多忙で疲労困憊のズボラママさんには安ティッシュ常備はオススメです。
小さなことですが、楽です。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ