兄弟2人分の子供服代を節約するのに実践しやすい方法

子供服兄弟

久恵さん

私は現在38歳の主婦、主婦歴は8年のものです。
5歳と3歳の男の子を子育て中です。

・どんな節約をしていますか?

子育てには本当にお金がかかります。
幼稚園代、食費、レジャー、習い事と節約しても節約してもしきれないですが、出来ることをチョコチョコとやっております。

そこで、お金が掛かるうちの1つが子供2人の洋服代です。
幸い我が家は男の子2人なので、色々と実践しやすいことをご紹介します。

我が家は男の子が2人でしかも同じ生まれ月。
2人とも同じ夏生まれでサイズも全く一緒でしたので色々と便利です。

まず、子供は2人欲しいと最初から考えていたので、上の子用には、下の子が男の子/女の子どちらの場合でも使用できるよう、黄色を選ぶことが多かったです。
肌着も黄色系を着せていました。
2人目も男の子だとわかった瞬間からは男の子カラーにシフトしましたが、ピンク色以外は全部取り入れていました。

2人がベビー期を抜け、普通の上下の服を着られるようになってからは、下の子にも着せる前提で服を買っています。
シャツ、ズボン、トレーナーなどの洋服はもちろん、下着のパンツや靴下、靴、帽子まで、全部お下がりで回します。
下の子のトイレトレーニングの際には、トレーニングパンツもすべてお下がりできたので、かなり経済的でした。

やはりお揃いの服を着せたいと思うので、そういう時は来年も着られるような大き目サイズを買って、今年・来年とお揃い姿を楽しみます(親のエゴですが)。
ですが、お下がりがあるとわかっているので、下の子の分までは極力洋服代をつぎこみたくありません。
ですので、自分の両親、もしくは主人の両親にリクエストをして、クリスマスや誕生日プレゼントとしてお揃いの洋服をいただくこともあります。
その際も、来年も着られるように1サイズ上のものをリクエストします。

・メリットとデメリットを教えてください

前述したように、男の子同士なので、身に着けるもの全部をお下がりで回せるので、その効果は計り知れません。
ですが、デメリットとしては、上の子が着倒したものを下の子に回すので、ヨレて伸びていることも多々あります。
ウエストのゴムが伸びきっていることもあるので、そうした時には私が手直ししなければなりません。

ズボンも膝部分に穴が開いてしまうこともあるので、そういった時はさすがに買い足します。
買い足したものは、やはり残念ながらワンシーズンでサイズアウトしてしまうので、その時にはお下がりとして知人に譲ったり、バザーに出品します。

あと、兄弟お揃いの服に限っては、下の子が同じ柄の服を着る期間が大変長くなることです。
「またこれー?」なんて言われてしまうこともあるのですが、女の子ほど服にこだわりはないので、そこは着せています。

洋服も、単品で安価なものもたくさん出回っていますが、やはり塵も積もれば山です。
5年、6年と子育て期間も過ぎていく中で、おさがりで洋服代を2人分から1人分に出来るのは大いに助かっています。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ