時短にもなる食費節約術

野菜

ぐっさん
30歳 主婦歴6年

・食費を節約する方法

食費の節約のために買い物へ行く回数を減らしています。
買い物は週1回~10日に1回程度にしています。
購入品が腐らないように肉・魚は買ってすぐ冷凍します。
パックのままではなく空気が入らないようにラップできちんと包みジップロックへ入れて冷凍すると長持ちして美味しく調理できます。
 
その他の生鮮食品も数日で使いきれ無さそうな分は冷凍します。
野菜はできるだけ長持ちするように購入店舗に気を付けています。
産直の販売店で購入するようにしています。
鮮度がすごくいいのでスーパーで買った野菜よりも長持ちするので適切な保存の仕方をしていれば1週間位は余裕で持ちます。
 
例えば、根菜類は陽の当らない通気性のいい冷暗所に置く・半分にカットされたカボチャの場合は種を先に繰り抜いて野菜室へ・胡瓜やほうれん草など葉物野菜は萎びないようにナイロン袋にいれて野菜室で立てて保存・レタス類には茎の根元を薄く切ってその断面に小麦粉を付けてからナイロン袋に入れておくとパリパリ感が長持ちする・大葉は根元を水につけておくなど色々な方法を駆使して保存しています。
もやしなど足が早いものは早めに使い作り置きしておいたりします。
日用品などはドラッグストアに行かず、あえてネットショッピングで購入することが多いです。
少々割高のものもありますが、まとめ買いすれば送料もかからないしドラッグストアに行って目的以外のものを買ってしまうのを防止できるので結果的に節約になります。

・節約をしようと思ったきっかけは?

スーパーに行くと目的の物以外の商品も買ってしまうことが多くて、特売狙いで行っても他の商品も買ってしまって結局節約になっていないと感じたからです。
買い物回数が多いとそれが何度も積み重なるので回数を極力減らすことにしました。

・どのくらいの効果がありました?

月3000円~5000円程は食費が減りました。

・メリットとデメリットは?

メリットは無駄買いがなくなる・毎回ストックチェックをしてから買い物に行くのでストックし過ぎて消費期限を切らすことが減った・食材が残り少なくなってもある物で食事を作らなければいけないので料理スキルが上がった。

デメリットは一気に買い物するので保管場所がある程度必要・肉類の冷凍処理が面倒・色々工夫をしないと食材を腐らせてしまう。

・これから始めようとする人へアドバイス

生鮮食品の冷凍や野菜の長期保存法など面倒なことも多いですが、スーパーに行く回数が少なくなるので時短になりますよ!
お仕事帰りに毎日スーパーに立ち寄る時間があるなら夕食の品数を1品増やす方向に時間を使ってみてください!

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ