クリアファイルノートを使って1日3000円予算節約術

d08e3159e40156b496c1f574999fe6cb_s

ゆかたんさん
5歳と2歳の子供がいる26歳の主婦です。
1日5時間のパートに出ています。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

主婦歴は6年になりますが、節約生活を始めたのは下の子が産まれて建て売りの新築戸建てを購入した約2年前からになります。

節約を始める前は、食費(外食費込み)無制限、夫も私もお小遣い無制限、子供の物も欲しい!と思ったら即購入してしまう浪費家でした。
家を購入してから、ローンは以前のアパートの家賃とはそれほど大差は無かったのですが、間取りが大きいことから電気のアンペアが上がったり、固定資産税、町内会費など固定出費が上がりました。
それに加えて、子供が増えた分の学資保険や、オムツ代など出費がかさみ、月のお給料では足りず貯蓄を切り崩している生活になっていました。

そこで夫婦で話し合い、雑誌などに出ている、1ヶ月分の食費や日用品費、交通費、交際費などを封筒に入れて管理する節約方法を始めてみました。
ですが、もともとずぼらな私は、あっちの封筒、こっちの封筒と、結局支払いがごちゃ混ぜになり、結局うまくいきませんでした。

・どのような節約をされていますか?

そんなとき思いついた節約方法が1日3000円予算での生活でした。
1日3000円と聞くと、1ヶ月が30日として3000×30=90000万。
全然節約じゃないじゃん!と思う方もいるかもしれません。

ですが、家のローンや保険、光熱水費など固定費を除いた全ての予算で1日3000円なのでどうでしょうか?
その家庭で個々に所得も違いますし、固定費も違うので金額に合う合わないがあるかと思いますが、我が家が無理なく続けられそうな額が1日3000円でした。

手順としては、まず、封筒で管理すると、入れる場所や、かさ張るので我が家は100均でクリアファイルノートを購入しました。
15ページ有るものだったので、1ページずつ1~15まで数字を書き、もう一度1ページ目に戻り16~30まで数字を書きました。
そして1ページずつ3000円を入れる。

買い出しに行く前に、その日の日付のページからお金を持っていく。
買い物しない日は、手をつけない。
お釣りはファイルの中に戻す。
と言うシンプルなものです。

以前は1000円以上購入したら卵90円などスーパーの安売り等、お得な気がして購入していました。
勿論必要な物が1000円以上ある場合は良いかもしれませんが、必要な物があまりないのに卵さだけのお得感に惑わされ購入し、結局、購入したものを腐らせたり痛ませたりして無駄にしてしまったこともありました。

今は例えば、今日は車のガソリンを2000円入れたし、家に使いたいけど無いものは卵と牛乳と歯みがき粉と洗剤だな。
でも洗剤は2日分くらいあるから明日買うことにしよう。
と本当に必要な物だけ購入しています。

子供の服などを購入したい日も、予算は3000円。
それを超える額は買わない、を徹底しています。

そして最後のページになる15日に、集計し、余ったお金に応じて外食したり、貯金したりして、また16日から30日迄の3000円をまたファイルに入れます。
そして月始めに貯金や外食などをします。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、まったく息抜きができないわけでは無いのでストレスもたまりませんし、お金の動きが見えるのでやりがいがあるし、用途別にしないので面倒ではありません。
必要な物だけしか購入しないので食品の賞味期限切れや、日用品のまとめ買いのし過ぎもなくなり、棚や冷蔵庫がすっきりしました。

しいて、デメリットを上げるとすると、コストコに数か月に1度行くのが楽しみだったのですが、行けなくなったこと、ドラックストアなどの安売りであまり必要ないけど『買いたい!』の衝動を抑えなければ行けないことくらいです。
でも、コストコへはもう少し節約を続けコストコ費を作り、例えばコストコに行く月はコストコへ行く日以外は1日1500円予算とかでやってみようかな?と考えています。

・どのくらい節約効果がありましたか?

さて、気になる効果ですが1ヶ月20000円程浮くようになりました。
それでも最低月に2回は外食するので、外食を減らしたらあと10000円位節約出来そうですが、無理やストレスを溜めるのはよくありません。

お金が貯まるだけで、通帳を見てニヤニヤする貯金の仕方より、『なにがしたい!』など目標や楽しみがあれば、自分にあった方法で楽しく節約できると思います。

・これから始めようとしている方へアドバイス

ただやみくもに『貯金しなきゃ』『節約しなきゃ』と思ってはじめるとすぐにパンクすると思います。
自分の収入や、ライフスタイルに負担のかからない、素敵な節約方法を探してみてください。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ