光熱費や食費など日々の生活を見直す暮らしでコツコツ節約

pixta_30340086_S

メリライブさん
58歳、主婦歴34年

・どんな節約をしていますか?

小さなことからコツコツと無駄な光熱費や食費などを節約していく生活です
 

小さい節約をコツコツと大きな節約につなげるためのポイントです。

電気については、まず、誰でもしていることかもわかりませんが、誰もいない部屋の照明は必ずすぐに消すことです。
コンセントには使う電化製品だけをさすことです。

使っていないものについてはコンセントから抜き忘れをしないことです。
できるだけ家族一人ひとりで夜は過ごすことをしないように気を付けます。

エアコンもできるだけ我慢をします。
付けるときは、家族全員が同じ部屋でいることです。
おうちによっては、一家で何台もエアコンをつけっぱなしにするおうちもあるようです。
私のしているエアコン術に比べると数倍も電気代がいるようです。

電気代はこれらを始め細かいところに気を付けて節電をしています。
 

次に風呂です。
灯油の給湯器を使っています。
お湯を使わないときには電気と同じく給湯器を消しておきます。
スイッチを入れておくだけでボイラーは動いています。
灯油を使います。

入浴時間は家族が次々に間髪を入れずに入るようにしています。
お湯の温度が冷えない間に入ります。
 

水道の水については、洗濯は何度もすると無駄使いになります。
週に何度と決めています。
洗濯機に負担がかからない洗濯物の量で無駄のないようにしています。

食器洗いも一人ずつ洗わずに、家族分まとめて洗います。
米のとぎ汁も汚れものの食器をつける時ように使います。

光熱費はこのように細かいところに気を付けて節約しています。
 

食事ですが、外食はできるだけしないと決めました。
これまでは外食がほとんどでした。
それが、今では家食べがほとんどに変わりました。

野菜の買い方もカット野菜は買わないようにしました。
ネギや春菊などプランターで栽培できるものはベランダで種から植えて使うようにしています。
タンパク質系の食材は広告も見てですが、安い品物を置いている店を調べて買います。

これまた光熱費同様に小さいことからコツコツと節約することを考えて暮らしています。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

共稼ぎだったのですが、妻である私が退職して一人の収入で暮らしていくようになったからです。
二人分の収入が一人分の収入になるので、生活費なども半分にしないとと思ったからです。

・節約効果はありましたか?

光熱費が節約前の半分になりました。
食費も同様です。
小さいことからこのコツコツとした暮らしがこんなに節約につながるということを実感しています。

・メリットとデメリットを教えてください

友人に話すと、貧し過ぎるとばかにされました。
自分では、生活費が減ったので赤字にならないのでとても良いことだと思っています。

・これから始めようとしている方へアドバイス

本当に一つ一つがなんとはないことだと思います。
心がけ一つで合計すると大きな節約になるということを主婦になって34年にして実感する毎日です。

毎月の電気代の請求書、水道代の請求書、灯油の請求書などを見てどれくらい頑張ったかと楽しくなってきています。
最後に家計簿もつける大事さも分かりました。
 

電気の使用はどうするとか、水道の水をどう使っていくかを決めて、心を折れずに実行し続けることです。
小さいことからコツコツと大きな節約につなげるという気持ちを忘れないでください。
と言いたいです。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ