食料品のストックを最小限にすることで食費の節約につながります!

pixta_1458600_S

ゆみさん
現在33歳、主婦歴は9年目です。

・どんな節約をしていますか?

節約と聞くと、まずパッと思いつくのが食費という方も多いのではないでしょうか?
ほぼ毎日、食事に関しては出費が続くので、少しでもその費用を抑えて節約につなげたいものです。

長年食費の節約には頭を悩ませていた私ですが、主婦歴9年目にしてやっとどうすれば食費を節約することができるかに気づきました。
その節約法とは食料品のストックを持ち過ぎないということです。
 

新婚の頃は節約のためにと、安くなっている時に、お肉を多めに買って冷凍したり、腐りにくいからと大量に調味料を買い込んでいました。
確かにいつもよりお安くなっているので得した気分になります。

しかし、お肉は結局冷凍したのを忘れてしまって品質が下がったり、時にはいつ冷凍したのか全く分からず、捨てる羽目になることも。
調味料等も買ったこと自体を忘れてしまって、また新しいものを買ってきてしまい、ストック分はいつの間にか賞味期限切れになってしまっていたなんてことがしょっちゅうありました。

結局食費節約のためにやっていたこれらの行為は全て無駄で、お金をドブに捨てるような行為を知らず知らずのうちに繰り返していたのでした。
 

そんな、中々節約がうまくいかず、悶々としていた時に出会ったのが断捨離です。
たくさんのものに囲まれて暮らすことに幸せを見出していた私には、断捨離の考えが衝撃的で、どんどんとのめり込むようになりました。

当然キッチンも断捨離の対象となり、使っていないキッチン雑貨等をどんどん手放しました。
保存食にも手をつけ始めると、ほとんどの食品が食べないまま、賞味期限が切れていることに気づきました。
 

何て勿体無いことをしていたのだろうと気づいた私は、それから食料のストックは災害用以外は必要以上に持たないことに決めました。

もし醤油を使い切ったら、すぐに使用する分の1本だけ買ったり、お菓子等のストックも2、3日で食べきれる分だけ買って、なくなればまた補充するといった方法に変えました。
すると賞味期限切れの食品が家から消え、お金がなくなる速度が落ちていくのが、手に取るように感じられるようになりました。

たまにストックの数が少ないと、買い忘れの為、急遽スーパーに行かなければならないこともありますが、食品のストックを持ちすぎることによるストレスもなくなり、お金も貯まるようになったので、これからもこの方法は続けたいと思っています。
 

お家の中が食料品で溢れているというご家庭であれば、一度ご自宅の食料品のストックをチェックしてみてはいかがでしょうか?
賞味期限切れの食料がごっそり出てくるかもしれません。
食べられないものを家にずっと置いておくことは虫の発生等、良いことはありません。

食料品のストックを減らしてみて、食費の節約方法を今一度ご確認してみてはいかがでしょうか。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ