重曹とクエン酸の掃除でお風呂もトイレも台所もピッカピカ節約生活!

pixta_2844770_S

まつもとさん
32歳主婦歴10年です。

・どんな節約をしていますか?

私の節約方法は、クエン酸と重曹を家事に取り入れたものです。

主婦業の家事の中で大きな割合を占めているのが「掃除」ではないでしょうか。
掃除をするためには、その場所に合わせた様々な種類の洗浄剤が必要です。
シンクを洗う洗剤にポットの湯あか落とし用の錠剤、キッチンのグリルや換気扇の汚れを落とすための洗浄剤などなど、数え上げればきりがありません。

またそれらを全てそろえるとなると、1本は数百円であっても、かなりの費用がかかってしまいます。
それらを収納するための場所も確保しなければなりません。
収納するために100均でカゴをいくつか購入しなければならないかもしれません。

よく考えるともったいない。
でも、たくさんの便利で用途に合った洗浄剤が溢れている今、そんなことを考えるなんてなかなかありません。
私も考えませんでした。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

私がこのことに気付いたきっかけ、それは友人の一言でした。

友人と話しているとき、話題にキッチン周りの汚れがあがりました。
私が「なかなか取れないよねー」と言うと、友人は「そんなの毎日重曹を水で薄めたのでシュッシュとして拭けばピカピカになるよ」と言ったのです。
それを機に私の掃除生活は変わりました。

まずは重曹なるものを手に入れて、友人に言われた通りにやってみると、あらきれい。
はじめこそこびりついた頑固な汚れは取れにくいものの、繰り返すことできれいになるじゃありませんか。

さらに重曹のパッケージの説明を読んでみると、色々なものをきれいにできると書いてあります。
クエン酸と使い分けることで一層きれいになるとも。
 

重曹は1kgで500円前後、クエン酸も500円前後と大変お手頃です。

両方水で薄めて使うため使用量もそんなに多くありませんし、掃除の頻度にもよりますが、半年~1年もつのではないでしょうか。

重曹の使い道は、調理用具、キッチン周り、換気扇、洗面台、浴槽、住居の床、トイレなど。
クエン酸は、シンクの水垢、ポットの湯あか、食器洗い機の洗浄に使えます。

私が個人的にお勧めするクエン酸の使用法が、洗濯に使うことです。
雨の日の部屋干しの臭い、嫌ですよね。
クエン酸の粉を洗濯機の柔軟剤入れに入れて洗濯するだけで、部屋干しの嫌なにおいがしなくなるんです。
小さいお子さんがいる家庭には、汚れたトレーニングパンツをクエン酸水に浸けておくと、臭い予防になります。

・節約効果はありましたか?

これらに使う洗浄剤の費用1カ月で1000円程が、重曹とクエン酸に変えてから100円程になりました。

・メリットとデメリットを教えてください

家の中のほとんどの掃除を重曹とクエン酸で済ませてしまうことで、コストと収納スペースを大幅に削減することができました。

このようにメリットの方が大きいようにも感じますが、あまりに頑固な汚れには即効性はありませんので、やはり専用の洗浄剤が必要な場合もあります。
また、何にでも使えるようで、使用できないものもありますし、両方酸性タイプの製品ですので、塩素系の製品と混ぜると有害なガスが出てとても危険です。
使用方法を守って使わなければ、病院送りになって医療費がかさんでしまう可能性もあります。
これでは本末転倒になりかねません。

・これから始めようとしている方へアドバイス

やはり普段から少しずつ掃除することが大切だと感じます。
使用方法を守り継続して掃除をすれば、家中ピカピカになって、お財布にも優しいこと間違いなしです。
ぜひお試しください。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ