自分の嗜好品はスーパーの見切り品コーナーから探す私の節約術

pixta_26659092_S

コウさん
42歳、主婦歴8年になります。

・どんな節約をしていますか?

私の節約方法は、自分の嗜好品はスーパーの見切り品コーナーから探す、というものです。

私は専業主婦という事もあって、自宅でお茶やコーヒーを飲むことがほとんどです。
家にいる時間が長いので、お茶代やお菓子代が意外と金額がかかっていることに気が付きました。

輸入食品店にあるような、ちょっといいものが好きな私。
肉や野菜の値段はグラムいくら安い、とか細かくチェックするというのに、自分の嗜好品はいつも飲んでるものがなくなったら習慣で買い足し、お菓子類も「たまには」とか「これくらいのお楽しみは必要」とかの名目で野菜の何倍もの金額の嗜好品を買うことが多かったのです。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

ある時、スーパーの見切り品コーナーをのぞくと、お高めの紅茶が半額で売られていました。
元値は結構しますが、半額となると、いつも飲んでいるものより安かったので買ってみました。
いつもと違う味が新鮮な気がしました。

元値が高価という情報も乗っかり余計においしくお得な気がしました。
見切り品コーナーには、他にも、ちょっと高価な塩とかパスタソースとか調味料などがよくあります。
スーパーが冒険してみたが、売れずに在庫処分したいものがほとんどですので、自分のお楽しみに買うにはちょうど良いのです。
 

自分が飲むお茶などの嗜好品はなくても良いものなので、見切り品コーナーに欲しいものがなければ買わない、と習慣付けると、今日はなかったからまた次買おうと思います。
あれば、ラッキー。スーパーのちょっとした宝さがし感覚です。
ひと月に使う自分の嗜好品を安く設定すれば、1000円位は節約になっていると思います。

・メリットとデメリットを教えてください

この方法のメリットはいつもと違ったのもを安く買えること、欲しいものが偶然見つかるゲーム感覚がちょっと楽しいことです。

デメリットは、必要のないものまで、お得な気がして買ってしまう可能性があること。
いいものが値引きにはなっていますが、使いこなせなければただの浪費ですので注意が必要です。

・これから始めようとしている方へアドバイス

余計なものを買いがちな人や、家にあるのについ安さにつられて買ってしまうような人は逆に見切り品コーナーが見ない方がよいかもしれません。
あくまでもお楽しみの範囲内でお得なものを買おうという気持ちで見てみると、いろいろ面白いです。

私は、季節外れになってしまったフレーバーティーとか、イベントが終わってしまって売り切れなかったバレンタイン用チョコとか、定価では買いたくない雑穀米とか、そういうものを買って、自分の嗜好品としてひそかに楽しんで節約しています。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ