服も断捨離!自分の衣類の適正量を知って被服費の節約

pixta_32660844_S

yumihutさん
現在年齢33歳、主婦歴は9年目です。

・どんな節約をしていますか?

私が最近行っている節約方法とは、衣類の適正量を知って、服の買い過ぎを防ぐことです。

意外と生活費の中でも、比較的お金がかかっているのに、節約の対象としていないのが被服費かと思います。
生きていく上で洋服は必要なものです。
しかし意外と洋服を持ち過ぎている方は多いのではないでしょうか?

かく言う私も、体一つに対して100着ほどの服を以前は所有していました。
たくさん服を持っていていも、何となくまだ買わなければ、もしくは欲しい服が次から次へと出てきます。
洋服は持っていても腐らないし、等の言い訳をつけてはちょこちょこと買い足していく日々でした。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

ある日、私は断捨離という言葉を知り、生活していく上で必要でないものはどんどんと手放していくようになりました。
最初はキッチン雑貨や小物等をどんどん断捨離していったのですが、とうとう洋服にも手を出すようになりました。
すると洋服がどんどん減っていくのに、生活上何の不便も感じないことに気づきました。
むしろ洋服が減っていくことでタンスの中がスッキリして、どんなアイテムを何枚持っているかが一目瞭然となっていきました。

すると同じような服を買うことも減り、衝動的に洋服を買うこともなくなりました。
少ない服だからこそ、次はどんな服を買うべきなのかが見えてくるようになったのです。

今はボトムスは3枚、トップスは5枚ほどあれば日常生活で困ることはないと知った私は、何となく欲しいという理由だけで衣服を買うこともなくなりました。
しっかり吟味して自分の本当に欲しいと思う服だけを、適正量内に収めて買うようにしています。

・節約効果はありましたか?

今までは衝動の赴くままに、自分へのご褒美等と称して衣服を買っていました。
衣服は1枚の購入でも数千円から数万円はかかります。
いくら毎日の食費で10円、100円を節約しても、ご褒美として服を1枚買ってしまえば、その苦労も泡と化してしまいます。

実際私は自分の衣服の適正量を知るようになってから、年間で3万円ほど節約できるようになりました。

・メリットとデメリットを教えてください

この節約法、メリットばかりのように感じますがデメリットもあります。
やはり手持ちの服が少なくなり、オシャレに面白みが欠け、見た目が地味になりがちです。

手持ちの小物等を使ってお洒落に見える工夫が必要です。

・これから始めようとしている方へアドバイス

意外と自分の衣服の適正量を知っている方は少ないのではないでしょうか。
今一度、自分の服の適正量を確認して、衣類から無理なく節約を始めてみてはいかがでしょうか。

タンスの中もスッキリして、心も軽やかになるかもしれませんよ!

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ

家事や育児の隙間時間に
今どき主婦の在宅ワーク

文章を書いてお小遣いがもらえる「在宅WEBライター」の稼ぎ方について、分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です