毎日の光熱費を削減して家族団らんも出来る我が家の節約術のご紹介

pixta_23869907_S

じゅんこさん

だた家にいるだけでも使っている、電気やガスや水道代。
何処にも出掛けてないのに、お金を使っている!と思うと、何だかとっても損した気分です。

ちょっとでもいいから無駄を無くしたい、節約したい。
そんな私が日々頑張っている節約方法があるので、今回はそれをお話したいと思います。
 

まず、分かりやすい電気代ですが、夜になると子供たちがそれぞれ自分の部屋に入って、電気を付けて、もしかしたらテレビまで見ているご家庭もあるかと思います。
パソコンの時代ですから、部屋に籠ってパソコンをしているお子さんも多いですよね。

しかし、そこをグッと子供を引き付けて、みんなリビングに集めましょう。
ポップコーンでも何でも、ちょっとしたお菓子を出せば、寄って来る子供もいるのではないでしょうか。
そして、みんなでポリポリ食べながら、一緒にテレビを見るのです。
お笑いでも、DVDでも、子供の好みを優先した選択でいいかと思います。
子供が今、何に興味を持っているかも分かるし、大した事無い会話が生まれて、良いのですよね!
 

そして、食事ですが、家族全員を集めて、一緒に食べます。
当然だというご家庭も多いかも知れませんが、子供が大きくなると、結構難しい事ですよね。
勉強してるから後で、とか言う子も多いのではないでしょうか。

しかし、何度も食事を温めるのは、本当にガス、電気の無駄です!
家族が一緒に食べれば、温めるのも一回で済みます。
しかも、ママの手間も一度で済みますから、これはかなり嬉しいですよね。
 

次にお風呂ですが、家族が立て続けに一気に入りましょう。
一人が入ってから、時間が経って、次の人が入る時にはお湯を沸かしなおさなくてはいけない、これが勿体ないです!
さっさと次々入ってしまえば、湧きたすことも、少しで済みます。

今は、ずっと保温してくれるお風呂も多いですが、それこそ、一気に全員入ってしまえば、保温している時間は短くて済みますから節約になります。
 

あと、ママが洗う食器ですが、これも、汚れた食器をある程度溜まるまで、流しに溜めておいて、一気に洗います。
というのは、湯沸し器で温めたお湯が、一度使ってから、次に使うまでに放っておくと、少しづつ冷めていくし、細かい話ですが、水道管に残っているお湯は、特に早く冷えやすくて、そこの部分が勿体ないのです。
ジャジャッと一気に洗ってしまって、お湯を沸かしている時間を短くするのです。
一度温めたお湯は、できるだけ冷やさない!です。
 

それと関連して水ですが、シャワーする時、段々暖かいお湯が出てくるまで、ジャージャー水を垂れ流して待ちますよね。
そこを節約するためにも、お風呂には立て続けに入って、一度出てきた暖かいお湯をとざさないように、次々使うのです。
暖かい水を、早く使って、冷めさせないのです。
冷めたら、また温めなくてはいけないし、暖かいお湯が出てくるまで、また水を垂れ流しにして待たなくてはいけないのです。
勿体ないです!
 

こうして、何でも家族を出来るだけ集めて、まとめて済ませてしまえば、節約はできるはずです。

正確な金額の違いは分かっていないのですが、使っている電気やガス、水が少ないのですから、節約出来ているはずです。

そんな細かい節約ですが、節約は日々少しずつ溜める事で、結果が大きくでると信じています。
しかもこれは、単なる節約だけでなくて、家族団らん、みんなで一緒に行動するという、素敵な案でもあります。
私はこれを日々頑張っています。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ